« 二度と出来ないグッピーでのレギュラー・ライヴ | トップページ | お盆の頃(その2) »

2010年9月 5日 (日)

お盆の頃(その1)

8/14(土)はボーダーラインでライヴでした。

オグリ昌也&ハニーボーイ小林

0814og

阿佐ヶ谷の香りを伝えるオグリさんに、
横須賀在住のハーモニカ吹きのハニーボーイさんのデュオです。

オグリさんのよく通るヴォーカルは、独特の味わいがあり、
ハニーボーイさんのハイポジション中心のテクニックあふれるハーモニカと
よくマッチしています。
しかも歌の世界が面白い!

こういういろんなブルース、たくさんの人に聴いてもらいたいです。

深川慶

0814fk

もうすっかりおなじみになった慶さん。
オリジナルのブルースとカヴァーを程よいバランスで。
オグリさんと僕の声がいずれも高いので、慶さんの低音ヴォーカルは
一際目立っていたかもしれません。

スカンクちかの&山本真也

0814sc

北海道に向けて、今回はデュオでやりました。
気心が知れているのと、コントラストのあるギターで、
すごくリラックスして歌えるのが良かったです。
時々やるつもりです。

1:ミッドナイト・キャブ
2:失くした光
3:バッド・バッド・ウィスキー
4:朝帰り(ハーモニカ=山本)
5:おいらの家へ
6:チェック・ミスター・ポパイ
7:ローラーコースター・ギャル
8:シカゴ・バウンド
9:メタボリック・ブルース

少しずつ新曲を入れながらと思い、3などを。

まったりとした夜で、楽しめました。

|

« 二度と出来ないグッピーでのレギュラー・ライヴ | トップページ | お盆の頃(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116900/49362150

この記事へのトラックバック一覧です: お盆の頃(その1):

« 二度と出来ないグッピーでのレギュラー・ライヴ | トップページ | お盆の頃(その2) »