« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

2009年12月30日 (水)

SALTYヒロシのライヴ忘年会

12/26(土)はボーダーラインでヒロシさん主催の忘年会でした。
皆で歌って年を忘れようって企画です。

NOBU

91226nb 六角橋闇市でおなじみのNOBUさん、
ことしは中華街などでヒロシさんの企画ライヴに一緒に出ました。
でもボーダーラインは初めてなんですよね。

「山下埠頭」「グッピー・ブルース」といったおなじみの曲を
丁寧なフィンガーピッキングで弾きながら歌います。
来年は横浜でもどんどんライヴやってもらいたいですね。

ち~旦

91226cd エレクトリック・マンドリン?での弾き語りです。

思えばち~旦さんと出会ったのはことしの春。
その後何度も一緒にライヴをやりました。
来年は同じバンドでの演奏もあります。
いつも幅広い音楽性を聴かせる魅力たっぷりの人です。
今回も「ワン・スコッチ・ワン・バーボン・ワン・ビア」からゴスペルまで。
来年もよろしくお願いします。

SALTYヒロシ&フレンズ

91226sh1 91226sh2 今回はヒロシさんに加え、
三輪さんと通っちゃんが参加。
まずは「大きな船」のようなバンドものと、
「かもめ」などでヒロシ節を堪能できました。
来年はバンドもやりたいとか。楽しみです。

スカンクちかの

91226sc ことし最後のボーダーラインです。
ほろ酔い気分でゆったりと演奏しました。

1:お正月
2:ミッドナイト・キャブ
3:呑んでワイン・スポーディ・オディ(もう1曲やったかもしれないけど忘れました)

ラストは特に盛り上がりましたね。

SALTYヒロシ&フレンズ

91226sh3 今度は僕も参加して演奏しました。
「横浜ホンキートンク・ブルース」に「失くした光」
いや~楽しかったなぁ。

この1年もヒロシさんには本当にお世話になりました。
また来年もよろしくお願いします。

風兎チエさんがダイジェスト映像を録ってくださっています。

http://www.youtube.com/thermalland#p/a/u/0/3nMGLyF469c

アルバムはこちら

http://picasaweb.google.com/thermalphoto/200905#

では皆さん、良いお年を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月24日 (木)

元町にブルースは似合わないというけれど

12月20日(土)、石川町は音小屋でソロライヴでした。
寒い日だったんですが、たくさんのお客さんがいらしてくださいました。
まずは大感謝です!ありがとうございます。

スカンクちかの

91220sc1 今回もウッドのドブロを持ってきました。

まずは季節柄いつも通りのスタートです。

1:きよしこの夜
91220sc2 2:ミッドナイト・キャブ
3:赤鼻のトナカイ
4:朝帰り
5:チェック・ミスター・ポパイ
6:丸坊主の女
7:ローラーコースター・ギャル
8:夢でもいいから
9:メタボリック・ブルース
10:あなたのそばに

今回はことしの締めくくりのライヴということもあり、CDからの曲を多くしました。
多少の指のもつれもありましたけど、ゆったりとしゃべりながら楽しく歌えました。

SALTYヒロシ

91220sh1 トレードマークの帽子を忘れたなんて言いながらのスタート。
でもヒロシ節は今夜も健在です。
楽しい「月光値千金」などおなじみのナンバー。
途中「横浜ホンキートンク・ブルース」では、
ハーモニカに呼ばれました。気持ち良かった。

91220sh2 後半店内にあった豹柄の中折をかぶってエンジン全開!
「ガラス瓶」、いつ聴いてもいいなぁ。

で、「かもめ」でまた呼ばれたんですけど、
これのハーモニカはめちゃめちゃ難しかったです。
練習しておこうっと。
「失くした光」は自分でも歌ってますから何とかついていけましたが、
アンコールが難問。きつかった!

アンコールの2曲目は再度「横浜ホンキートンク・ブルース」で、
今度は店長のナミエちゃんに吹いてもらいました。素晴らしかった!

ことしの締めのライヴだったんですが、ヒロシさんとの共演で、
とっても楽しく終えました。良かった!

後は12/26ボーダーラインでのヒロシさんの忘年会、
12/30J&Kでの年忘れライヴ、
そして大晦日はワッツでグッピーです。

まだまだ楽しむぞ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BET ON IT渋谷に進出

12月19日の土曜日、
厚木ファッツサンに誘われて、
渋谷はALIVE HOUSEでBET ON ITのライヴでした。

BET ON IT

91219bi1 91219bi2 BET ON ITと厚木ファッツ・ブルースバンドは
その由来からしても兄弟バンドです。
BET ON ITのリズム隊は、もともとは
厚木ファッツ・ブルースバンドだったんですから。

今回はドラムは小林君に代打を頼みました。

01:Don't Start Me To Talkin'
02:If You Love Me Like You Say
03:Early In The Morning
04:Baby Scratch My Back
05:I've Been Loving You Too Long
06:Sugar Sweet
07:Please Send Me Someone To Love
08:I Ain't Got You
09:Cut You A-Loose
10:Too Late

お客さんも入っていたので気合いの入った演奏になりました。

厚木ファッツ・ブルースバンド

91219af1 91219af2 こちらもオリジナルメンバーのかつさんが
育児休業中とのことで、
ギターはジェイさんが担当していました。

いつものように、アルバート・キングや
オーティス・ラッシュのナンバーを中心に、丁寧なギターワークと
表情豊かなヴォーカルを、しっかりとしたバックバンドが支えていました。
やっぱりファッツさんのブルースはいいなぁ。

残念だったのは、喉に変調をきたしたとかで、アンコールが聴けなかったこと。
まあこれは次回のお楽しみということで。

ALIVE HOUSEは食べ物もおいしく、サウンドもしっかりしているので、
また次回是非やりたいハコです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

ミスノート

12/13(日)はグッピーでBET ON ITのライヴでした。

今回はドラムをルンバ鈴木さんにお願いしました。

91213bi3 91213bi1 91213bi2 選曲は最近の定番から。
でもバンドの要にドラムがいるということを
強く実感しました。

特にルンバさんの提案でぐっと音量を落としたラストナンバー。
新しい方向性が見えたかも。

セットリストです。

1:Don't Start Me To Talkin'
2:If You Love Me Like You Say
3:Blues With A Feeling
4:Too Late
5:I'm Ready
6:Baby Scratch My Back
7:Sugar Sweet
8:I Ain't Got You
9:Please Send Me Someone To Love

個人的にはミスノートの目立った演奏だったのが気になってます。

酔いのせいじゃないと思うんですがねぇ。

対バンは山鉄の格好いいZEDD。

91213zd 山鉄とはもう30年近い付き合いだけど、歌、どんどん上手くなってます。

音楽的にも様々な要素を消化して、聴いていて飽きませんでした。
やや難解な面もあるけど、そのぐらいでいいと思います。

BET ON IT、今度の土曜は渋谷でライヴです。
東京界隈の方、遊びに来てね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌舞伎町に天使を見た!

12/12(土)は横浜ブルース研究会という新しい団体(?)の忘年会でした。
それを新宿は歌舞伎町のゴールデン・エッグという店でやったんです。

いい店でした。

ルンバ鈴木会長の乾杯のあと、まずはSloppy Drunksから。

91212sd 手練のメンバーが繰り出すブルースの数々。
個人的に嬉しいのはテキサス系が多かったことです。
ブリオさんのセックスアピールを感じさせる歌とギター、
ミネさんの的確なギターワークも素晴らしかったです。
そしてミドル福岡さんのハープも秀逸。歌も良かったな。
これじゃビール進んじゃいますね。

minko & minon

91212mm いやいや、この日の主役はなんといってもこのおふたり!
何とも歌舞伎町に不似合いな方々ですが、これでブルース歌うんです。
なにしろいきなり「シェイク・ユア・マネー・メイカー」ですからね。
複雑な思いが(笑)。

このおふたり、姉妹ではなくて親子です。minonちゃんはなんと弱冠10才!
でもカホンのリズムの素晴らしさ、下手なドラマー真っ青のシャッフル感でした。
minkoさんのしなやかなブルースをしっかり下支え。
でもそれだけじゃないんです。minonちゃん、歌うんですよ。

曲が渋い!なんと「トーク・トゥ・ミー・ベイビー」と来たもんです。
おじさんたちは全員ノックアウトされてしまいました。

Blues Has Been Drinking

91212cd ち~旦さん率いるバンドです。
メンバーが強力!テキーラさんのベースに藤井さんのドラム。
いずれも東京では名の知られた実力者です。
さらにジョニー犬塚さん!ロック色のある素晴らしいギターでした。

自ら「ロックバンド」と言いながらも、ニューオーリンズものあり、シカゴブルースありで、
バラエティに富んだ演奏を満喫しました。
1月はこのバンドのベースを僕がやることに。緊張してます。

スカンクちかの feat. 営業のサクマ

91212sc1 ユニットのライヴとしてはなんとトリを務めることに。
理由は簡単。皆さん早く呑みたいんです。
僕はひとりだから被害者は最小限てわけで(笑)。

まずは季節ものを交えてソロで。

1:きよしこの夜
2:すってんことりんすっとんとん
3:赤鼻のトナカイ

91212sc2 ここでサクマさんに加わってもらいました。
とにかく彼のハーモニカは素晴らしいんですよ。
横浜にも来ていただきたいと思っています。

で、楽しめるメニューにしてみました。

4:チェック・ミスター・ポパイ
5:丸坊主の女
6:ローラーコースター・ギャル
7:夢でもいいから
8:呑んでワイン・スポーディ・オディ

笑い声、手拍子、合いの手など、参加者の皆さんのおかげで、
楽しく、気持ち良く酔っ払いながら歌うことができました。

セッション

91212ss 最後は皆でセッションでした。
リトルシゲルさん、マイミクのサミーさん、K.O.小泉さんなど、
腕に覚えのある方の名演が素晴らしかったです。

でも本日の主役はやっぱりなんといってもこの人です!
minonちゃん!

セッションをバッチリ仕切って歌っていました。末恐ろしい。

てな訳で、最高に酔っ払いになった新宿でした。
来年も楽しみなイヴェントがひとつ誕生しました。

新年会は1/23、横浜は音小屋での開催です。
これまた楽しみ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

日曜日にゃ野毛坂出かけ♪

12/6の日曜、ち~旦さんのボーダーラインでのライヴに誘ってもらいました。
計4組でワイワイとやりました。

パピ岩岸

91206ph なんといきなり拓郎からブルースのメドレーという技を繰り出し、
場内をあっと言わせていました。
ブルースに取り組む真摯な姿勢を感じさせる好演でした。
当然アンコールがかかります。
これからもガンガンやってください。

ち~旦トリオ

91206cd 今回は名手居相さんが参加して華やかに。
いつ聞いても「アマゾン」は素晴らしいです。
それにち~旦さんの新曲に取り組む姿勢が素晴らしい!
常に新鮮な気分で聴くことができます。
このユニット未体験の方、是非見に来てくださいね。

スカンクちかの

91206sc1 待ち時間が長いとどうなるかといいますと、
当然呑むわけです。この日はビール4杯。
で、どうなるかといいますと、事件が起こるわけです。

この日はこんな感じ。

まずはドブロで

1:きよしこの夜
2:ミッドナイト・キャブ
3:赤鼻のトナカイ

ここでブルースをと話したら、居相さんがシットインしてくださいました。

4:子猫のブルース
5:失くした光

さて事件はここで起こります。楽器を持ち替えようとしたとき、
写真に写ってるアンプの上のビールをひっくり返してしまいました。
グラスは粉々。ビールはアンプの上に!

まあアンプは自前なので故障しても自分が痛い目見るだけなのが不幸中の幸い。

で、持ち替えて、

6:朝帰り
7:ローラーコースター・ギャル

この辺りからアンプが酔っ払いはじめてぶつぶつ言い始めました(これ本当)。

ドブロに戻してラストナンバー

8:あなたのそばに

やっぱり酔っ払いでした。楽しかったけどね。

ファイアー大道

91206fo1 カホンにおけいさんが入り、パーカッシヴな演奏になりました。
ファイアーさんは本当に丁寧にブルースを演じます。
「シカゴ・バウンド」から始まり、ブルースの名曲のオンパレード。
「ハイダウェイ」の切れ味たっぷりのギター、
「プリーズ・センド・ミー・サムワン・トゥ・ラヴ」や
「エイント・ノーバディズ・ビジネス」のしっとりとした味わい深い歌。
どれも素晴らしかったです。
アンコールも出て盛り上がりました。
横浜は遠いけどまた是非おいでください。

今週もブルースなライヴが続きます。
2週続けてのBET ON ITというのもありますし。

楽しみますよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

六角橋、こいつぁいいぜ!

先週11/29の日曜は、風丸工房前のスペースで、
アコースティック・バトル・クラブの打ち上げライヴでした。

4~10月の毎月第3土曜に行われている「六角橋ドッキリ闇市」のイヴェントとして、
3年前から郵便局の前で始まったこのイヴェント。
僕も3年間皆勤で参加しました。
ちょうどソロをはじめた頃でしたから、このイヴェントに鍛えられました。
たくさんの友人も生まれました。

そんな想いを込めて、ことしの締めくくりとしてわぁっとやりました。

とんがらし

91129tg 埼玉から駆けつけてくれました。
ことしは参加がなかったんですが、
主催者の風丸君とはフォーク村つながり。
息のあったデュオで、楽しい演奏でした。
何か懐かしさも感じました。

NOBU

91129nb ことしの皆勤賞のひとりです。
いつも通りの華麗な指さばきのギターに、
ささやくような歌、素敵です。

1曲ハーモニカで参加させてもらいました。

楼茶

91129rc 1曲占いのお姉様の伴奏をして、そのままステージです。

彼女もことし知り合った仲間です。
どこかほわっとした歌で、あっと言う間に自分の世界を創ります。
六角橋界隈でよく歌っていらっしゃいますので、
是非聴きに行ってあげてくださいね。

このあと確か僕の記憶では、珈琲文明のマスター
おじゃ丸さんがクラプトンを歌ったんだと思います。
ロジョ君が参加してましたね。

宮沢寛行

91129mz 今回初参加。
というかなんとデビュー戦です。
高校時代はブラスバンドをやってたんですが、
大学ではブルース研究会にいたとか。
今回はブルーハーツ等のカヴァーを4曲。
これもまた新しい出会いになったと思います。

のりぶーず

91129mm これは最高に愉快でした。
ウクレレの伴奏にのった語りでの紙芝居。
タイトルがすごい。「鬼山課長とカッパくん」
予想をつかせぬストーリー展開で、
呑みながらだと訳分からなくなっちゃうんですが、
でも部分部分を見ても楽しいから不思議です。
また見たいぞ。

いしはらとしひろ

91129iu ロジョ君の知り合いの飛び入りです。
スカッと抜けるような感じのフォーク系かな。
ロジョ君のジャジーなギターも参加。
いやいやタレントはどこにでもいるって感じですね。
これだから六角橋はやめられない。

スカンクちかのfeat.山本真也

91129sc 今回は家族連れで遊びに来ていた真也を引っ張り込みました。
とにかく愉快にやろうということで。
まあすでに酔っ払ってましたけどね。
やった曲は多分こんな感じです。

1:下駄をはくまで
2:チェック・ミスター・ポパイ
3:ローラーコースター・ギャル
4:あなたのそばに
5:呑んでワイン・スポーディ・オディ

ああ気持ち良かった!

えみぞぅ&よっぺ

91129ez よっぺさん到着を待っての演奏です。
えみぞぅの張りのある声とモダンなメロディワークは
六角橋でも貴重なタイプかもしれません。
彼女とも3年何度も顔を合わせています。
どんどん良くなってきてると思います。
来年も楽しみです。

風丸&フレンズ

91129km 最後はこれしかありません。
風丸君の素晴らしい歌声なしには終われません。
例によってNOBUさんのギターと僕のハーモニカが乱入。
おなじみの歌の数々をやりました。

さて、来年はどうなることやら。是非続けたいイヴェントです。
皆さん応援よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 5日 (土)

エコクラ、最高!

ちょっと日が経ってしまいましたが、先週末のライヴを。

11/27(金)は恒例の江古田倶楽部でした。8月以来なのでけっこう間が空きました。

朱華

91127sk 今回体調不良とのことで、全体にゆったり目。
でもそれがかえってあったかい感じを出していました。
等身大の歌、素敵です。
来年こそは是非横浜に呼びたい人です。
その前に1月もよろしくです。

深川慶feat.営業のサクマ

91127fk いつも新曲を仕込みながらライヴをする慶さん、
ドブロ1本で多彩なアレンジを聞かせてくれます。
今回は途中からサクマさんをフューチャー。
阿吽の呼吸を感じる見事なプレイを堪能しました。

ということで、僕もサクマさんに手伝ってもらうことに。

スカンクちかのfeat.営業のサクマ

91127sc1 実はCD出してはじめてのライヴだったんで、
お店に持っていきました。
そしたらマスターが幕間にず~っとかけっぱなし(笑)。
そんななんで、CDの曲はいっさいやらない方向で臨みました。
サクマさんとはぶっつけ本番でしたが、
何の問題もありませんでした。

91127sc2 0:すってんころりんすっとんとん(さわりだけ)
1:下駄をはくまで
2:失くした光
3:チェック・ミスター・ポパイ
4:丸坊主の女
5:呑んでワイン・スポーディ・オディ
6:あなたのそばに

最高のサポートを得て、気持ち良く歌うことができました。
サクマさん、感謝です。

さて次回は1/29、おなじみの3人でお贈りします。請うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »