« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月23日 (火)

晴れ男伝説は続く(6/20六角橋闇市)

これで一昨年から15回連続出場となった六角橋ドッキリ闇市
「アコースティック・バトル・クラブ」、
一度も中止になっていない上、自分の演奏に限れば雨にほとんど降られていません。
これだけでも出演意義があるってもんでしょう(笑)。

というわけで今月も

歌うやまねこ

90620yn 久しぶりに聴きました。

ピアノ音源を弾き語るスタイルで、
独特の文学的な世界につい弾き込まれてしまいます。
もっとたくさん聴きたいところですが、今回は出演者が多い!

NOBU

90620nb おなじみのスタイルで、切れのいいギターを聴かせてくださいました。
横浜に根差した曲や歌は、どこか懐かしくもあり、
いつ聴いても楽しめます。

来月もまたやりましょう!

デュオfrom浜松

90620hm 名前聴くのを忘れてしまいました。

ツアーの途中で立ち寄ってくださいました。
演奏はブルース色のあるフォークで、
かなりモダンな雰囲気。手慣れたかんじでした。
これももう少しじっくり聴きたかったです。

笹部マスオ

90620sm 日本のブルーグラス界の大御所がなんと弾き語りです。

ギターの華麗な指さばきと、優しさあふれる歌声、
道行く人も思わず足を止めます。
なんか凄く贅沢な気がしました。

SALTYヒロシ

フリーマーケットに来ていての参加です。
僕はハーモニカやらスライドやらでお邪魔。
ですから写真がありません。

いつも通りの曲ですが、野外ならではの開放的な雰囲気で、
ヒロシワールドが展開されました。

スカンクちかの

90620sc なんだか酔っ払ってきてしまいました。
それだけ楽しいって事です。
1:オール・オヴ・ミー
2:あなたのそばに(Just A Closer Walk With Thee)
3:ローラーコースター・ギャル

ラストはNOBUさんも参加して、みんなで大合唱!盛り上がりました。

風丸

彼もまた酔っ払いです(笑)。
これもうしろでいろいろやってたので写真がありません。
清志郎に「ウィスキー・リヴァー」とおなじみの選曲。
でもまったりしててよかったなぁ。。

続きはってことで、風丸工房の前でみんなでワイワイ歌って呑みました。
楽しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カントリー・ブルース・ヘヴン前夜祭(6/19江古田倶楽部)

翌6/20に江古田倶楽部が主催でカントリー・ブルース・ヘヴンというイヴェントが
バディで行われるんですが、その前日、マスターに言わせると、
「エコクラのパ・リーグ」な3人がライヴをやりました。

スカンクちかの

90619sc 今回はスペシャルゲストとして根本篤をギターに迎えました。
一度も合わせていなかったので、どうなることかと思いましたが、
昔やった曲を中心にしてみたら、まあ何とかいけました。
その分自分のパワーが落ちた気はしますが、それはそれで良しと。
またこのコラボはやってみたいと思っています。

1:ミッドナイト・キャブ
2:失くした光

ここから根本登場

3:ちょいとそこのネェチャン
4:あなたのそばに(Just A Closer Walk With thee)
5:バイバイ・ベイビー
6:オール・オヴ・ミー
7:呑んでワイン・スポーディ・オディ

マスターも根本のギター、凄く気に入った様子です。良かった!

深川慶

90619fk 慶さん、今夜は営業のサクマさんをゲストに入れての演奏です。
怪談話あり、女っ気のない店の話ありで、
毎度毎度の楽しいステージです。
サクマさんの深みのあるハーモニカも素晴らしかった!
このコラボも楽しみです。

朱華

90619sk エコクラではもう4回目でしょうか。
ずっと一緒にやっています。
ブルースに縛られない音楽性は可能性を感じます。
何より作曲力が高いんですよ。
それによく抜ける歌も素敵です。

今度是非横浜でやってもらおうと画策しています。

エコクラ、次回はお盆の8/14です。車置いていって呑むぞ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたタロテツ!(6/14ボーダーライン)

仕事が忙しかったため、事前宣伝も十分に行えず、集客が心配でした。
でもお店の常連さんが何人も集まってくださいました。感謝!

美女と野獣

90614st 自分たちの写真を撮影できなかったので、
代わりに太郎さんとサッチャンのツーショットを!

連日のライヴでもあり、慣れた店なので落ち着いて演奏できました。
何より楽しめたのが良かった!

1:素敵なサンディ
2:秋の空
3:ひとり負け
4:The Water Is Wide
5:君の友達
6:陽の当たる街で(On The Sunny Side Of The Street)

ラストで夢の共演!太郎さんとてっちゃんをゲストに迎えて歌いました!
念願がかなった!楽しかった!

山本太郎&藤縄てつや

90614tt この春はツアーも敢行し、ますます息の合ってきたふたりです。
演奏はもちろん、そのふたりの漫才のような語りが最高!
曲も何が飛び出すか分からないのがスリリングです。
やはりなんといっても一級品の演奏力に支えられた、
でも遊び心がたっぷり詰まった楽しい演奏。
未体験の人、是非体験してもらいたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美女と野獣@国分寺giee(6/13)

深川慶さんが誘ってくださいました。SALTYさんとやりませんかって。

gieeは以前から名前を聴いていてやってみたい店だと思っていたので、
ヒロシさんに声をかけて実現しました。
当日はヒロシさんたちと車に乗ってドライヴ気分で会場入り。
これがまたなかなか楽しかった!

深川慶

90613fk ゲストにブロウハープ永田さんを入れてのステージ。
途中ドラムの人も入り、にぎやかでした。
オリジナルにカヴァーを交えた選曲は幅も広がってきましたし、
何より曲のアレンジが秀逸です。
低音の魅力が存分に生かされたステージでした。

美女と野獣

90613bb サプライズなお客さんもたくさんいらっしゃり、
凄く嬉しいステージとなりました。
ふたりの持ち味を出せればと思う選曲にしてみました。
演奏後に何人もの方に声をかけていただいたのが嬉しかった!

1:You're Sixteen
2:秋の空
3:ひとり負け
4:The Water Is Wide
5:ミスター・ボージャングルス
6:がんばるな
7:君の友達

SALTYヒロシ

90613sh 素晴らしく高いテンションの演奏でした。
初めての店ということで張り切っていらっしゃったようで、
いつもよりも語りにも力が入っていました。
おなじみの「月光値千金」に「横浜ホンキートンク・ブルース」、
さらに「卒業写真」に「ガラス瓶」と、
聴く人をググッと弾き込む演奏。素晴らしかった!

アンコールは出演者全員で「失くした光」を大合奏!

こんなドライヴなら何度やってもいいですね。
また行きたい店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月22日 (月)

開港記念日のマリンエンターテインメントショー(6/2)

6月2日は横浜開港記念日です。ことしは150年祭りってこともあって大にぎわい。
僕の仕事も偶然休みだったんで、イヴェントに参加しました。

今回はフラメンコショー+ジプシー・キングスのカヴァーバンドのライヴと、
SALTYヒロシさんの仕切りが交互になってます。
で、フラメンコチームのリーダー、見たことあると思ったら、
いつも六角橋の闇市でやってるボニさんたちでした!

90602fm で、この写真、踊ってるのはなんと小学生!
上手いんですよ。それにチャーミング。

こりゃブルースとの組み合わせはけっこう酷かもね(笑)。
てな感じで始まり始まり。

最初ははっと(SWAMPS)さん。湘南FMでDJとかなさっていらっしゃるとのこと。
生活感と暖かみのある歌が素敵でした。

SALTYヒロシ&フレンズ

90602sh1 今回はハーモニカで参加させてもらいました。
とにかく天気も良くって楽しかった!
空にはブルー・インパルスも登場しました。
本当にお祭って感じで盛り上がりましたよ。

90602b1 続いて小宮良太さん。きょうは素面ですね(笑)。
ブルースをベースにしながら、どこかニューウェーヴな香りが漂います。
面白い。

フラメンコと1時間交代なので適当に休憩できて楽しいです。

有馬忍

90602as_2 ギターには藤田洋介さんが参加してます。

有馬さん、話をすると普通の人なんですけど、
ひとたび歌い出すとソウルフルでパワーがあるんです。
でも変に気取ってなくてまっすぐ。凄く魅力的な歌です。

スカンクちかの

90602sc1 フラメンコの後にやりました。

最初は「海は広いな」で調子づけ。子供たちも聴いてました。
でも次の曲であっと言う間にみんな引いてしまった!
明るいうちのブルースは厳しいのかな。
90602sc2 1:すってんころりんすっとんとん
2:ミッドナイト・キャブ
3:朝帰り
4:ローラーコースター・ギャル
5:夢でもいいから
6:メタボリック・ブルース

多分こんなラインナップだったと思います。
どこかから来た修学旅行の中学生とかもおそるおそる見ている感じ。
でも拍手もらえたから良かったかな。
次回はもっとさわやかな選曲にしようっと。

KOJI&FRIEND

コージの強烈な歌もやっぱり明るい家には厳しい感じでした。
いい感じでやってるんですが、子供やお年寄りには刺激が強いのかな。

BLUES BOYS III

90602bb1 新井武士さんと高橋まことさんのブルースユニット。
これがかっこいいんです。
「マーシー・マーシー・マーシー」とかでもう僕の酔いはピーク。
バックステージで曲に合わせてハーモニカ吹いてたら、
ソロ吹けって呼ばれちゃいました!楽しかった!
ベテランの味が出ていて、すばらしい演奏でした。

で、このセットを残しながら最後はSALTYヒロシさん。
おなじみの曲を中心に、フラメンコのボニさんとのコラボもあって、
フィナーレにふさわしい雰囲気。
いつしか日も落ちて、浜風がすがすがしく吹いてきました。

楽しい一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜はブルース三昧(5/30 BET ON IT @Guppy)

昼のマリンエンターティンメントショーの会場から駆けつけました。

モーニング・アタック

90530ma0_2 90530ma1_2 かっこいいスリーピースのバンドです。

テクニックは抜群!
楽曲もよく練り込まれています。
スピード感もありますし、

オリジナリティもたっぷり。
初めてゆっくり聴きましたが、面白かったです。

BET ON IT

90530bi1 今回はガンチャンが仕事で来られず、
ドラムをテラチにお願いしました。
そのせいかちょっとまとまりにかける演奏になりました。

  1:Don't Start Me To Talkin'
90530bi2  2:Blues With A Feeling
  3:Sittin' On Top Of The World
  4:Telephone Blues
  5:I Ain't Got You
  6:Sugar Sweet
90530bi3  7:Please Send Me Someone To Love
  8:Cut You A-Loose
  9:Hoochie Coochie Man
10:My Babe
en:Walkin' By Myself

ちょっと選曲が重たかったですね。
それに昼から呑んでいたのがたたって、僕が最後はヘロヘロでした。
反省。

次回は気合いを入れ直します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横浜マリンエンターティンメントショー(5/30)

昨年出演予定だったんですが、雨で中止。
ことしは仕切り直しで出ることになりました。
しかもことしは横浜開港150年祭!
僕は夜の部(後述)があるんで制約がついてましたが、今回は美女と野獣で楽しみました。

SALTYヒロシ(オープニング)

90530sh2 まずはこの一角を仕切るヒロシさんから。
スプーンに内藤さんを加えて、おなじみのナンバーを。
「ガラス瓶」「カモメ」「失くした光」、いつ聞いてもいいです。
天気もまずまずもっていて、厚すぎず気持ちがいいですね。
素敵な時間の始まりです。

美女と野獣

90530bb 昨年雨で中止になった分、楽しみにしていました。
写真は風兎さんが素敵なものを撮ってくださいました。

1:You're Sixteen
2:秋の空
3:ひとり負け
4:The Water Is Wide
5:ミスター・ボージャングルズ
6:君の友達
7:がんばるな

広々とした空の下での演奏もまた格別です。

TAIKAN

90530tk 池袋からのふたり組、いつもおしゃれな歌を聴かせてくださいます。
味があって、声もギターもあったかくて。

ふたりのコンビネーションも素晴らしく、ずっと聴いていたかったんですが
車を家に戻さなきゃならなかったんで、中座しました。

このあとヒロシさんとかがまたやった模様です。で戻ってきました。

ROIKI

90530rk 傍らにおいてあるビール瓶がいいですね。
彼らしいです。
「順子の亭主」など、お得意のナンバーを披露。
でも夜はボーダーラインで町田謙介さんとライヴのはず。
そんなに呑んで大丈夫?

小宮良太

90530km 酔っ払いと言えばこの人!
朝からずっと呑み続けて、この時はベロンベロン。
でもそれで唄う歌が芸になってるんですよね。
向かいの食べ物屋のスタッフの人たちも感心してました。
素面の時の歌も聴いてみたいです。

髷詩鼓

90530mg 本日唯一のバンドです。
梅ちゃんもしっかりパーカッション持ってきてました。
曲はお得意のナンバーを。
いつ聴いても暖かい気持ちになるバンドです。
また一緒にやりたいな!

ここで雨模様。ちょっと配置換えをしました。

Koji & Friend

90530kj 小雨の中、Kojiのうめき声が響き渡りました。
これが妙に似合っていました。
カオルさんのギターもかっこいいし。

雨だったので写真取り損なってしまいました。たたずむワンショット!

AZUMI

90530az 雨も上がり、いよいよ真打ち登場。
じっくりと歌うバラード系の歌が染みます。
うしろのビール箱はKojiの座っていたもの。
途中ヘリコプターに「うるさい」と怒鳴ったり、
面白いステージでした。

ひどい雨にならず、まず初日終了です。
2日目は僕は参加できないんですが、素晴らしいメンバーが集まっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »