« 三人三様 | トップページ | 野毛にもう1軒 »

2009年2月16日 (月)

春一番に乗って

金曜の夜中に吹き荒れた春一番も土曜にはおさまり、
バレンタインデーはチョコレートも溶けようかという暖かさ!
そんな中ボーダーラインは強烈なブルースでヒートアップしました。
店は満員!

スカンクちかの

90214sc1 1:春が来た

あんまり暖かいので急遽やりました。もちろんおばかな変え歌付き。

2:すってんころりんすっとんとん
3:惨めさ

ソロを始めて2年になりますが、比較的初期のレパートリーから。
ブルースの古典に勝手な詞をつけた2、
ラングストン・ヒューズの詩に勝手に曲をつけた3。

4:ミッドナイト・キャブ

ボーダーラインで生まれた歌です。

5:失くした光

ジェリー・ゴフィンの"I's Not A Spotlight"の日本語ヴァージョンを
AZUMIさんが歌い、さらにSALTYヒロシさんも歌っているものを。
前回ちょっと上手くいかなかったので、気合いを入れました。
大分良くなったかな。でもいい歌なのでもっと歌っていきたいです。

で、レギュラーに持ち替えて

6:陽の当たる街で

"On The Sunny Side Of The Street"の自作和訳です。
元々Cの曲の練習用に始めたんですが、この不景気の中レパートリーとして
定着してきました。これも歌い込んでいきたい歌です。

7:シナーズ・プレア
8:朝帰り
9:ローラー・コースター・ギャル

この辺は定番になってきました。

ドブロに持ち替えて、ちょいとチューニングもオープンDに変えて。

10:ホーボー・ホーボー

オープンGに戻して

11:2Words Blues

通称「マジヤバブルース」。おばかな歌詞です。
今回はバレンタイン・バージョン。

後はいつもの2曲。

12:夢でもいいから
13:メタボリック・ブルース

1時間、楽しく歌えました。でもこの次が楽しみだったんですよ。

コージー大内

90214co1 昨年12月以来です。2回目の横浜公演。
まずはライトニンの定番2曲からスタート。

そして「パンチdeデート」「角打ブルース」「オヤジブギ」と
大内節が全開です。
日田弁がよく分からなくても、その雰囲気で十分楽しめます。
笑顔が素敵で、語りも面白い大内さん、最高です。
「大津留村のサイレン」でほろっと来て、最後はしっとりと。
本当に素晴らしいライヴでした。

こんな素敵な人と共演できるって、本当に幸せ!
そして何と次回もすでに決定です。また一緒にやります!

5/9(土) 20:00~ across the BORDERLINE

コージー大内未体験の方!絶対見ないと損ですよ。

|

« 三人三様 | トップページ | 野毛にもう1軒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116900/44085598

この記事へのトラックバック一覧です: 春一番に乗って:

« 三人三様 | トップページ | 野毛にもう1軒 »