« 春一番に乗って | トップページ | 鮮度が落ちちゃいましたが »

2009年2月16日 (月)

野毛にもう1軒

ライヴをやらせてもらえる場所ができました。
ドンキホーテの道向かいのSam's Bar。
マスターのサムさん自身がミュージシャンでもあり、
界隈で長く店をやられて来たので人脈も豊富。
野毛に店を移して1年余りになるそうですが、
深川慶さんの紹介で出演することができました。
しかもち~旦さんのユニットと一緒。お会いしたかったんです。

深川慶

90215fk1 何度もライヴご一緒させてもらっています。
渋い低音の魅力と、メタルボディのドブロのサウンドを生かした
これまた渋いギタープレイ。
選曲も幅があって面白かったです。

「どちらかと言えばS」なんて際どい歌もあれば、
情感あふれる「タクシー」、懐かしい「沖縄ベイ・ブルース」

ち~旦さんのユニットのきたやまけいこさんのカホーンを加えて
「リコ」「ラトルスネイキン・ダディ」など。
ブルースをベースにオリジナリティをまぶした慶さんらしいステージでした。

ち~旦トリオ

90215cd1 このユニット、凄いです!

本当はトリの予定だったんですが、
遠方からのお客さんがいらしていたので、
先にやることに。
(でもそのお客さん、最後まで見ていってくださいました。大感謝!)

レパートリーはルーツ系のロックからカリプソ、ブルースまで多彩。
日本語の歌詞も面白く、語りも楽しい。
でも何より凄いのが3人の演奏力の高さです。
コンビネーションのとれた演奏があるから歌詞も生きてくるんですよね。

特筆すべきは「ハープドッグ」こと居相さんの素晴らしいハーモニカ。
特に「アマゾン・ワルツ」にはびっくり!ここまでやっちゃうんだという超絶プレイ。
歌も素敵で、「ウエスト・ヘレナ・ブルース」は痺れました。

とにかく時間がアッという間に経つライヴでした。
また一緒にやれたら嬉しいです。

スカンクちかの

90215sc1 というわけでトリになってしまいました。
随分呑んでからのライヴになっちゃったんですが、
今回は前の演奏で楽しい気分だったんで、
凄くリラックスしてやれました。
まず「春が来た」をさわりだけやって

1:ミッドナイト・キャブ

飲んだくれヴァージョンのゆったり目のテンポでやりました。

で、レギュラーに持ち替え

2:丸坊主の女
3:ローラーコースター・ギャル

とお笑い系を並べました。これが僕の持ち味ですから。

今回は初めての店なので、美女と野獣のコーナーを作ってみました。

90215bb1 4:君の友達
5:ミスター・ボージャングルズ
6:A Song For You
7:春のひざしは

お馴染みの曲ですが、ソロとのギャップが(笑)。
サッチャンのさわやかな声が響くと、場内ほっとしたような空気が。

で、ソロに戻って定番の2曲。

8:夢でもいいから
9:メタボリック・ブルース

かなり盛り上げていただきました。アンコールもいただいたので、
せっかくなのでもう一度美女と野獣で

en:アイル・フライ・アウェイ

音の響きもいいし、食べ物もおいしいし、トイレも凄い(笑)Sam's Bar。
また機会があったらぜひ出たい店です。
そのためには飲み歩かなきゃね。また寄る店が増えちゃった(汗)。

|

« 春一番に乗って | トップページ | 鮮度が落ちちゃいましたが »

コメント

おつかれさまでした、「美女と野獣」さんとの出会いもあって、やっぱlife is a carnivalだなあ、と感じたィ夜でした、ありがとうございました。他の店も誘って下さいね。

演奏日記:http://blogs.yahoo.co.jp/mv335

投稿: ち~旦 | 2009年2月17日 (火) 21時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116900/44085979

この記事へのトラックバック一覧です: 野毛にもう1軒:

« 春一番に乗って | トップページ | 鮮度が落ちちゃいましたが »