« 真夏の四谷と言えば | トップページ | 最高だった!タロテツ »

2008年8月19日 (火)

お盆はライヴ三昧

まずは8/15(金)、江古田倶楽部で深川慶さんと共演のソロライヴでした。

80815sc1 弦を張り替えたドブロとギブソンを抱えて江古田まで行きました。
ちょっと重たかったけど、チューニング変えるの面倒だったんです。
お盆ですからお客さんは期待できないなと思っていたところ、
前回見に来てくださった方がわざわざ来てくださったり、
昔の知り合いが来てくれたりと、良かったです。

1:サマータイム・ブルース
2:すってんころりんすっとんとん

まずはドブロで2曲。ゆったりとしゃべりながらやりました。

3:朝帰り
4:寿町ブルース
5:君に首ったけ
6:ローラー・コースター・ギャル

ギブソンに持ち替えて、のんびり気味のブルースを2曲、
さらにちょっとノリのいいのを2曲やりました。
コード弾き間違えたりしましたけど、勢いを重視してみました。

80815sc2
7:十円玉のブルース
8:夢でもいいから
9:アイル・フライ・アウェイ
10:メタボリック・ブルース

ドブロに戻してさらに4曲。ものすごく気持ち良く演奏が出来ました。
マスターが歌詞を気に入ってくださいました。嬉しかった。

さて後半は深川慶さんです。

80815fk1 メタルボディのドブロから繰り出される音はますます磨きがかかりました。
低音が魅力的な歌もいいなぁ。
レイ・チャールズ・ナンバーなどのカヴァーと
オリジナルを交えたステージはいつ見ても落ち着いていて、
いつの間にか引き込まれてしまいます。

次回はまたこのふたりの組み合わせで10/31にやります。
お近くの方是非お越しくださいませ。

翌8/16(土)は、地元ボーダーラインでのライヴです。

80816yk1 予定では僕が先にやるつもりで、お客さんの入りを待っていたんですが、
食事を終えたyazoo故倉さん、戻るやいなやステージ前に座り、
演奏をスタート!ありゃりゃ!
百戦錬磨の素晴らしいギターと、ヴィブラートの効いた憂い溢れる歌で、
オリジナルのブルースと、「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」
「スウィート・ホーム・シカゴ」「モジョ・ワーキン」「シェイク・ユア・マネー・メイカー」など、
良く知られたブルースを交えた、ノリのいいステージを展開。
途中からお客さんもたくさん入り、盛り上がりました。

80816sc これで僕にも火がついちゃいました。まずはドブロで。

1:サマータイム・ブルース
2:ミッドナイト・キャブ

後でマスターに「いつもより声が出てたねぇ」と。完全に煽られちゃいました。

今夜はマーティンを持ってきました。軽いので。それに持ち替えて。

3:寿町ブルース
4:朝帰り
5:丸坊主の女
6:ローラーコースター・ギャル

凄くノリのいいお客さんが来てくださっていて、めちゃめちゃ盛り上がってしまいました。
6じゃコーラスも一緒に歌ってもらえました。楽しい!

80816sc2
7:夢でもいいから
8:アイル・フライ・アウェイ
9:メタボリック・ブルース
en:呑んでワイン・スポーディ・オディ

とにかくお客さんが楽しんでくださったのが嬉しかったです。
やっていても凄く楽しかった!
こういうライヴを続けていきたいなと思いました。

今週末は8/23はグッピーのパーティでThe Hot Watts、
そして8/24は再びボーダーラインで美女と野獣です。
特に24は山本太郎&藤縄てつやという素晴らしいデュオのオープニングを務めます。
まさに千客万来!って感じです。よろしく!

|

« 真夏の四谷と言えば | トップページ | 最高だった!タロテツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116900/42209682

この記事へのトラックバック一覧です: お盆はライヴ三昧:

« 真夏の四谷と言えば | トップページ | 最高だった!タロテツ »