« 復帰第1弾の闇市 | トップページ | 六角橋大道芸祭 »

2008年7月27日 (日)

やなぎさんと美女と野獣

やなぎさんがツアーの中で野毛のボーダーラインでやるので、
マスターから「出ませんか」と誘いがありまして、
今回は美女と野獣でオープニングを務めました。
僕にとっては本格的な復帰ライヴになりました。

まずはサッチャンこと辻井貴子のソロからスタート。

80726tt 1:Stay Close To Me
2:歩いていこうよ
3:空を見上げて(Wrap Your Troubles In Dream)

トミー・エマニュエルのインストに乗ってさわやかなMC。
オリジナルの歌に、スタンダードに素敵なアレンジと訳詞を乗せたものなど。
サッチャンのソロ、いよいよ再始動です。
美女と野獣とは一味違った選曲です。これからが楽しみですね。

続いて美女と野獣のメニューを。

1:ミスター・ボージャングルズ
2:秋の空
3:春のひざしは
4:がんばるな

ボージャングルズはやなぎさんとやるときは外せませんね。
彼に日本語で歌うことを教わったようなものですから。
がんばるなは自分に向けているような気もしています。

80727sc 最後にソロで2曲。

1:光りある限り
2:朝帰り

やなぎさんはアメリカのロックやフォークを和訳して歌うことも多いので、
僕もC.C.R.の曲の和訳をやりました。
朝帰りは最近の定番です。ゆったりした感じなのでやなぎさんの前にはいいかなと。

さて、程なくして真打ち、やなぎさんの登場です。

80727yg1 「何かリクエストありますか」ということだったので、
サッチャンが「きゃさりん」、僕が「ウィスキー・リヴァー」をお願いしました。
いつもの通りゆったりとしたおしゃべりを交えながら、
心に染みる歌の数々を。
オリジナルに訳詞ものを交えてやなぎワールドが繰り広げられていきます。
初めてこられたお客さんも大変喜んでくださっていました。
約1時間のライヴ、最後に「一緒にやろう」ということで、
美女と野獣ふたりが参加して日本語版の「ザ・ウェイト」を。
80726yg2
言葉を噛みしめるように歌うやなぎさん。
邪魔にならないようにスライド弾いてましたが、ソロが回ってきたので、
大きめのフレーズで弾いてみました。
サッチャンのソロも入って、ちょっと珍しいセッションになりましたが、
凄く楽しかったです。

やなぎさん、9月の初め六角橋に登場します。
風丸君と美女と野獣でお迎えすることに。
また、10月の闇市にも出演が決まりました。
皆さんぜひ聞きに来てください。

|

« 復帰第1弾の闇市 | トップページ | 六角橋大道芸祭 »

コメント

いつもブログ、ありがとうございます。
ホントに、無事に復帰してよかった。でも、
完治するまで、稼動しすぎないでくださいね。


エマニエルでもエマヌエルでもいいですが、
片仮名でなく、平仮名で「きゃさりん」です。
イメージが違うから、ここはよろしくお願いします。

投稿: サチコ | 2008年7月29日 (火) 21時50分

直しました。ご指摘ありがとうございます。

投稿: すか | 2008年8月 5日 (火) 00時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116900/41986974

この記事へのトラックバック一覧です: やなぎさんと美女と野獣:

« 復帰第1弾の闇市 | トップページ | 六角橋大道芸祭 »