« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月27日 (日)

やなぎさんと美女と野獣

やなぎさんがツアーの中で野毛のボーダーラインでやるので、
マスターから「出ませんか」と誘いがありまして、
今回は美女と野獣でオープニングを務めました。
僕にとっては本格的な復帰ライヴになりました。

まずはサッチャンこと辻井貴子のソロからスタート。

80726tt 1:Stay Close To Me
2:歩いていこうよ
3:空を見上げて(Wrap Your Troubles In Dream)

トミー・エマニュエルのインストに乗ってさわやかなMC。
オリジナルの歌に、スタンダードに素敵なアレンジと訳詞を乗せたものなど。
サッチャンのソロ、いよいよ再始動です。
美女と野獣とは一味違った選曲です。これからが楽しみですね。

続いて美女と野獣のメニューを。

1:ミスター・ボージャングルズ
2:秋の空
3:春のひざしは
4:がんばるな

ボージャングルズはやなぎさんとやるときは外せませんね。
彼に日本語で歌うことを教わったようなものですから。
がんばるなは自分に向けているような気もしています。

80727sc 最後にソロで2曲。

1:光りある限り
2:朝帰り

やなぎさんはアメリカのロックやフォークを和訳して歌うことも多いので、
僕もC.C.R.の曲の和訳をやりました。
朝帰りは最近の定番です。ゆったりした感じなのでやなぎさんの前にはいいかなと。

さて、程なくして真打ち、やなぎさんの登場です。

80727yg1 「何かリクエストありますか」ということだったので、
サッチャンが「きゃさりん」、僕が「ウィスキー・リヴァー」をお願いしました。
いつもの通りゆったりとしたおしゃべりを交えながら、
心に染みる歌の数々を。
オリジナルに訳詞ものを交えてやなぎワールドが繰り広げられていきます。
初めてこられたお客さんも大変喜んでくださっていました。
約1時間のライヴ、最後に「一緒にやろう」ということで、
美女と野獣ふたりが参加して日本語版の「ザ・ウェイト」を。
80726yg2
言葉を噛みしめるように歌うやなぎさん。
邪魔にならないようにスライド弾いてましたが、ソロが回ってきたので、
大きめのフレーズで弾いてみました。
サッチャンのソロも入って、ちょっと珍しいセッションになりましたが、
凄く楽しかったです。

やなぎさん、9月の初め六角橋に登場します。
風丸君と美女と野獣でお迎えすることに。
また、10月の闇市にも出演が決まりました。
皆さんぜひ聞きに来てください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月24日 (木)

復帰第1弾の闇市

先月末に網膜剥離になり、入院やら手術やらでライヴを4本ほどキャンセルしてしまいました。
関係者の方々にはいろいろとご迷惑をおかけしました。
この場を借りてお詫び申し上げます。

手術は幸い上手くいき、思ったより早くライヴ復帰となりました。

7/19の六角橋ドッキリ闇市「アコースティック・バトル・クラブ」です。

80719bs トップバッターはバック・ストリート・ブルース・バンド。
昭和歌謡にジャズなどの要素を取り入れたユニークなバンドで、
ヴォーカル/サックスのアキちゃんの堂々たる歌いっぷりが魅力です。
ギターの林さん、ベースのKONDYさんの的確なサポートもあり、
15分3曲でしたが、なかなか存在感のあるステージでした。
特にアップテンポの「伊勢佐木町ブルース」は面白かった!

80719td1 80719td2 2番手は徒然草。昨年も出ましたね。
ギターに三線、ピアニカ、ジャンベという編成。
「プカプカ」「よいとまけの歌」からレゲエまで、
多彩な選曲で楽しませてくれました。
パーカッションが入ると音が締まりますね。

80719nb 毎度お馴染みのノブさん。
出演者が多いので「本牧埠頭」など2曲で終わろうとすると、
風丸君が乱入して「もう1曲」。
こうしたみんなで楽しむ感じが闇市のいいところです。
当然後で復讐劇(笑)があるわけですが。

80719bb さて美女と野獣の出番です。
約1ヶ月ぶりのステージ。
歌は全然歌ってなかったんでちょっと心配でした。
出演者も多いので2曲ってことで。

1:You're Sixteen
2:ミスター・ボージャングルズ

まあ無難にできたと思います。徐々に調子を出していければね。
来月3日の大道芸祭の日は、もう少したっぷりやれるかな。

80719sh 今回はSALTYヒロシさんが来てくださいました。
隣でやってるザディコ・キックスに負けじと張り切って、
いつもより大音量でやってました。
「月光値千金」から「ガラス瓶」、そして「かもめ」。
短めのステージでしたが会場はあっというまにヒロシワールド。
盛り上がりました。

80719km トリはもちろん風丸君。
今回はいつも以上にゆったりと話しながらのステージ。
当然ノブとスカンクは乱入(笑)。
「イッツ・ノット・ア・スポット・ライト」に「ウィスキー・リヴァー」など、
お馴染みの曲をゆったりとやりました。
これを楽しみにしているお客さんもいらっしゃって、盛り上がりましたね。

終了後はいつも通り風丸ファクトリーの前で宴会&プチライヴ。
アコちゃんも来てみんなで歌いました。
僕はあっとぺっぷに挨拶に行きましたが。

とにかくこのイヴェントは、どんどんみんなの輪が広がるのが楽しいです。
輪が大きくなるというのもあるし、鎖のように輪と輪が繋がることもある。
音楽を楽しみ、歌い、弾く。そういう仲間が集まると、とにかく楽しいんです。
年齢も仕事も生まれも人生も違う人たちが、ひとつの輪を囲む。
音楽の魅力ですね。

8月は大道芸祭。4時間の長丁場です。
是非お越しください。

8/3(日) 17:00~21:00 六角橋郵便局隣の臨時駐車場

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »