« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月26日 (月)

楽しかった!逗子の夜

逗子のFigaroは本当に素敵な店です。
洒落たたたずまいのマンションの3階にある店は、20人も入ればすしずめの店。
でもアットホームで、でも音の響きのいいハコなんです。
自らもミュージシャンであるドノヴァンさんのこだわりを随所に感じます。

今回は、当初美女と野獣&田中ちょいなちょいなの共演予定でした。
でもちょいなのトシヤ君がやんごとなき事情で参加できず、
サッチャン、シンヤ、スカンクの、要するにThe Hot Wattsのフロント3人が、
いろんな組み合わせでライヴをやるってことにしました。

あいにくの雨の中、コアなワッツ・ファンに来ていただきました。
写真はその中のひとり、ヤサンに撮ってもらいました。ありがとう。

サチコ・ソロ

サッチャンこと辻井貴子嬢は、元々はフィンガー・ピッカーとして、
ソロ・インストを中心に弾いていたんです。
ここ数年は美女と野獣がメインになっていますが、
最近またソロを少しずつやり始めています。

1:Moon River (inst.)
2:ブルー・ムーン

半分は自分でつけたというブルームーンの歌、
彼女らしいしなやかさが出ていて素敵でした。
こっちの方に目覚めると、美女と野獣解散かと、ちょっとヒヤヒヤ(冗談)。
でも観客で彼女を見られるのは楽しいなぁ。

80524bb 続いては美女と野獣。半年ぶりの登場です。

1:ミスター・ボージャングルズ
2:女心と秋の空
3:ひとり負け
4:春のひざしは
5:You're Sixteen
6:がんばるな

スカンクの最近の目標は、歌に表情をつけること。
そういう意味で、この冒頭3曲は定番になっています。
歌っていて本当に楽しめるようになって来ました。

サッチャンの2曲も、どんどん「美女と野獣」らしい曲になってきましたね。
特に歌が良くなっているなぁと、身内ながら思っています。

80524sc スカンクちかの

ひとり居残って4曲ほど歌いました。

1:丸坊主の女
2:朝帰り
3:夢でもいいから
4:メタボリック・ブルース

チューニングをレギュラーに戻してまずはブルースを2曲。
でも1曲目、「もう勘弁だ、長い髪の女は。そんな女、ろくなもんじゃない」って歌詞、
店のママさん、素敵なロングヘアーなんですよね。ちょっとまずかったかしら。
まあ落ちがある歌で、最後まで聴くと話が分かるんですが。

2曲目は先日のボーダーラインでしくじった曲。でも今回は無難にやれました。
良かった。

オープンGに戻しての2曲は定番になっています。
でも今回は本当に気持ち良く演奏できました。
力みもなく、かといって気持ちはちゃんと込められたなと思っています。
やっぱり店の雰囲気が最高なのと、気心の知れた仲間達が一緒という、
絶対の安心感があるからなんでしょうね。本当に楽しかった。

80524ys 山本真也

The Hot Wattsのリード・ギタリストですが、
内田勘太郎さんとも仲がよく、彼の影響を強く受けた
アコースティック・ギターを弾きます。
今回は「はなみずき」「Everything」などのインスト・ナンバーに加え、
「気絶するほど悩ましい」や、オリジナルの「不器用な僕だけど」などを熱唱。
味のあるライヴでした。次回は是非田中ちょいなちょいなで。

80524mw1 ミニミニ・ワッツ

その真也のギターにスカンクが加わったデュオです。
選曲はThe Hot Wattsのレパートリーを
アコースティックにアレンジしてみました。

1:トランプ
2:マッコルリ
3:スウィート・ホーム・フィガロ

80524mw2 プチ・ワッツ

ここで再び真也のソロからスタート

1:見上げてごらん夜の星を

途中でスカンクのスライド・ソロ、そしてサッチャンの歌が入ってきて、
最後は真也の伴奏をバックに、サッチャンとスカンクのデュオ・コーラス。
こういうのはこんなときでないとできませんねぇ。楽しかった。

2:嫌んなった

最後は3人で大好きな憂歌団の曲をやりました。

とにかくやっていて本当に楽しいライヴでした。
見に来てくださった数少ないお客さん、ドノヴァンさん達お店の方々も、
とても楽しんでくださった様子。
こういうライヴがいつもできるといいなと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

横濱ハイカラブルース

5月18日(日)の夜、Saltyヒロシさんが主催するライヴイヴェントが行われました。
場所は元町中華街駅からすぐのGIGです。盛りだくさんな夜でした。

80518st いとうさとみ・えんどうさとみ

トップバッターはチャーミングなふたりにギタリストが加わったトリオです。
ソプラノサックスにアコーディオン、ウォッシュボードなど、
いろんな楽器を持ち替えながら、懐かしい雰囲気の歌が素敵でした。
いっぺんに場が和やかになりました。

80518bb1 美女と野獣

今回は2番手。最近定番のナンバーでさらっと行くことにしました。
でも、「がんばるな」で歌ってくださった人がいらして嬉しかったな。
昨夜より落ち着いて、楽しめました。

1:ミスター・ボージャングルズ
2:Mr. Sandman
3:がんばるな

80518yk 故倉ヤスヒロ

いよいよディープなブルースタイムの始まりです。
まずはyazoo故倉さんのガツンとしたブルースを。
切れよくドライヴするギターに、憂いをたたえた故倉さんの歌が素晴らしかったです。
時折見せるニコッとした表情がまた魅力的なんですよね。

80518tk Taikan

池袋方面で活動するデュオです。ゲストにハーモニカも入りました。
ちょっとファンクネスを感じるブルージーな演奏を中心に、
力のあるヴォーカルと、つぼを心得たギターのコンビネーションが格好いい!
是非また見たいユニットです。

80518ft 藤縄てつや

今回はスプーンの内藤さんをゲストに入れての演奏。
「トイレに行きやすいように」と席を前にずらしたのはいいんですが、
照明が暗くて写真も暗くなっちゃいました。
毎度お馴染みの楽しいトークと、内藤さんと競い合うようなスピード感溢れる演奏。
例によって洒落の効いたネタもたっぷりで、場内が笑いで満たされました。

80518b BB

弾き語りのハードロックという、ユニークなスタイルのBBさん。
急遽駆けつけて飛び入り参加です。
美貌と迫力あるヴォーカルはインパクト充分です。
ボンジョビやらディープ・パープルが飛び出すなど、異色の世界でした。

80518rk ROIKI

程好く酔ったROIKIさん、いつもの端正なギターではなく、
今回は地金がたっぷり出たディープな演奏でした。
特に高知弁で歌う「赤線ブルース」が圧巻でした。さすが弁ブルースの老舗!
ラストはアカペラまで披露。強烈でした。

80518ks コージ&サトシ

しかしもっと強烈なのがこのおふたり、特にコージさん。
ますます磨きがかかっています。
とにかくショーとして完成されています。ひとつひとつの仕草が絵になる。
今回は一眼レフで写真を撮ったんですが、ファインダー越しに見るコージさん、
男惚れしますね。ブルース系ではトップクラスのパフォーマーだと思います。
この世界にはまり込むと抜けられません。

80518bl ブラインド・レモン・ブラザーズ

天才ハーモニカ少年太郎君ももう18才!
でもそのテクニックは超絶ものでした。見事にハーモニカをコントロール。
でもそれを支えるお父さんの的確なリズム・ギターが、このデュオの要と見ました。
お馴染みのブルースにオリジナルを加え、あっと言う間のライヴでした。

80518sh1 80518sh2 SALTYヒロシ&フレンズ

今回のヒロシさんはたくさんのゲストを迎えました。
ギタリストだけでエレキ3本と大所帯!
その分ちょっと収集の付かないところもありましたけど、
リズムを的確に刻み、楽しそうに歌うヒロシさんはさすがです。
「ガラス瓶」、いつ聴いてもいいなぁ。

80518sh3 僕はこのSALTYさんの笑顔が大好きです。
音楽はもちろん素晴らしいんですけれど、
本当に愛すべき人です。
いつもこうやって一緒にやらせてもらえて幸せだと思っています。

最後に、もうひとり大好きな人の写真を載せておきます。

白庄司たかっちゃん。彼のサックス、色気のある音、未体験の人、
是非一度機会を持って聴いてください。とろけます。

80518sst

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ついに降られちゃった!闇市

5/17(土)は恒例の六角橋ドッキリ闇市『アコースティック・バトル・クラブ』でした。

80517bb 美女と野獣

今回は出演者が多いので、トップバッターということで。
でも先月やって以来練習も何もしておらず、
僕が昼一日中仕事だってこともあって、
いろいろお聴き苦しい点の多い演奏になっちゃいました。
楽しんで歌うことはできたんですけどね。ちょっと反省。
サッチャンの歌った涙そうそうは上手く行ったと思います。
お客さんたくさん立ち止まってくださいました。

1:ミスター・ボージャングルズ
2:涙そうそう
3:がんばるな

80517nb NOBU

これまた常連となっているノブさん。
いつも通りの切れのいいフィンガーピッキングで、
オリジナルのブルースを中心に。いつも楽しみにしています。

80517fk 深川慶

闇市は初登場です。
メタルボディのドブロから生まれるディープな音に乗って、
低音で歌うブルースは独特の迫力が。
でも、雨雲も呼んで来ちゃったのかもしれません(笑)。

80517yk YAYO & 近林罪

こちらも低音の豊かな響きが魅力的なYAYOさんのシャンソン。
コンディさんに林さんのふたりがバックをつけます。
いい感じの演奏が続いていたところで、突然空から大粒の雨粒が!

程なくしてざぁっと本降りの夕立になってしまいました。
急遽テントを立てて避難。演奏も中断となってしまいました。残念!

でも今回は北千住からブルー・バナナズというユニットも来てくださっていたんです。
風丸君が交渉してくださり、風丸工房の前のシャンソン・ブースのインターバル時間に、
演奏することができることになりました。

80517bn ブルー・バナナズ

北千住からはるばるなおさんと小林さんが来てくださいました。
それに横浜在住の三浦さんを加えたトリオです。
「オール・オヴ・ミー」「ラヴィング・ユー」と、
歌心たっぷりの演奏を聴かせてくださいました。
今度はもっとゆっくり聴きたいなぁ。

今回は残念ながら風丸君の演奏はできませんでした。
でも結局風丸工房の前で、12時くらいまでみんなでワイワイ歌ってました。
雨は残念でしたけど、ベーコンも美味しかったし、楽しいひとときでした。

6月は21日です。お楽しみに!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

The Hot Watts 5/6 Live at Guppy

The Hot Watts、久々のレギュラーライヴ。
対バンはいつも仲良くしてもらってる髷詩鼓です。

80506mg1 髷詩鼓はいつもよりゆったり目の演奏でスタート。
途中トシコちゃんの三線やハーモニカも交え、
いつも通りのメッセージ溢れる歌を歌います。
丁寧にアレンジされた曲、
特に中ちゃんのギターがメロディアスで良かったな。
お店もいい感じにヒートアップしました。

中ちゃんのblogにも出てます。
http://ameblo.jp/mageshiko/entry-10095113774.html

80506mg2 80506mg3 80506mg4 80506mg5








80506hw1 さて、The Hotwatts。相変わらずの練習不足。
そんなのに新曲をやろうという無謀さも相変わらず。
やっぱり全体に音がこなれてないなぁ。
ハーモニカのマイクを切り替えるセレクタを忘れ、
PAに負担をかけてしまったのもまずかったかな。

1:Call It Stormy Monday
2:熊が出たぞ
3:大衆
4:ラヴ・ソング
5:おろかものの歌
6:後の祭
7:蟹ドリア
8:強欲
9:がんばるな
10:トランプ
en:ハード・ドランカーズ

新曲が3。ちょっと洒落っ気を出したファンクナンバー。
でも歌詞は野毛の焼肉屋の話。
曲がなかなか面白いので歌詞を変えてまたやってみたい。

トランプではシンヤ弾き倒し。でも気持ちよさそうだったぞ。

おかげさまでアンコールまでいただいてしまった。

反省点の多いライヴだったけど、楽しく演奏できたのが一番。
これもグッピーというハコ、対バンの髷詩鼓、
そして何より見に来てくださったお客さんのおかげ。感謝です。

これに懲りずにまたやりますよ!

80506hw2 80506hw3 80506hw4 80506hw5 80506hw6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »