« 美女と野獣、元町にあらわる | トップページ | 闇市のシーズン来る! »

2008年4月14日 (月)

藤縄哲也 春の陣

80412bb1月に続き、ボーダーラインのライヴを美女と野獣で迎え撃ちました。

今回の美女と野獣は3部構成で。
ちょっと趣向を凝らしてみました。

1:Moon River(サチコ・ソロ)

2:Killing Me Softly With His Song
3:秋の空
4:ひとり負け
5:春のひざしは
6:You're Sixteen

7:夢でもいいから(スカンク・ソロ)
8:メタボリック・ブルース(スカンク・ソロ)

「二人いるんだから3パターンできるよね」とはサッチャンの言。
ということで、短時間にいろんな要素を詰め込んでみました。
「素面でライヴ」路線も定着し、美女と野獣は安定してきた気がします。

サッチャンのソロはインストですが、ギターを弾きながらしゃべるって凄いなぁと感心。

僕のソロは毎度のことですが、まあいろいろありました。
「メタボ」のスキャットは何とかしないとなぁ。
でもノリは出ていたと思います。何しろテッチャンへの挑戦状(笑)。

80412ft さてメインイヴェントの「なにわのてつ」こと藤縄テッチャン。
「メタボ」にしっかり意趣返しから始まりました。
「メタボリックが止まらない」に「尿酸」。後者は何と童謡の「ぞうさん」。
さすが芸人魂です。

と言うことで、飛び込みのお客さんがたくさんいる中、軽妙なトークと、
楽器の特性を見事に使い分けた演奏、ペーソスの効いたオリジナルに、
ロック系の好きなお客さんに向けた選曲を交えて、
1時間半以上のテッチャン・ワールドが展開されました。
本当に楽しいひとときでした。

アンコールのラストを締めたのが「ムーン・リヴァー」。
最後まで憎い演出ですね。

次回夏の陣は7月。乞うご期待!

|

« 美女と野獣、元町にあらわる | トップページ | 闇市のシーズン来る! »

コメント

藤縄様
初めまして。相模原在の小池昌一と申します。
定年を過ぎサンデー毎日の身です。
小生仲間とブルーグラスバンドをやっています。
そこでドブロを担当しています。
実はお尋ねしたい件2つ。
藤縄様が本文に記載されたと同じマッキンタイヤーのピックアップを私も業者に頼んで装着しました。そこで問題
①PAに繋いだのですが音が小さい。この場合
間にプリアンプを入れればよいのでしょうか?
その場合プリアンプの適切な銘柄をご教示いただけませんか?
②おしりのプラグ穴とストラップの引っ掛けが
同軸なのです。それで最後に閉めるナットがストラップと一緒に回ってしまいナットがすぐ緩んでしまいます。何かうまい一体の引っ掛けタイプ
は無いでしょうか?
お忙しいところよろしくご教示お願い申し上げます  小池

投稿: 小池 昌一 | 2008年4月18日 (金) 16時32分

>小池さん

いらっしゃいませ。

まず、ドブロにマッキンタイヤーを取り付けたのは僕です。
藤縄哲也さんは僕たちのライヴの共演者です。
彼はナショナルのリゾネイタを弾きますけど、ピックアップは付けてないですね。

さて、マッキンタイヤーのフェザーはプリアンプは絶対必要だと思います。
ピエゾは出力が小さいんですよ。
僕はAD-5(絶版)を使い、コンデンサ・マイクとミックスして使っていました。

ただ、最近はコンデンサ・マイクだけでも狙った音が出せるようになって来たので、
実はフェザーは使っていないんです。

というわけで、お薦めのプリアンプと言われても紹介できるものがありません。

僕は通常のライヴでは、DAVIDという80wのアコースティック・ギター用のアンプを使っています。
直接アンプにいれています。

P.A.を通す場合、R.L.Baggsのパラ・アコースティック・DIを使っています。
ダイレクト・ボックスですが、プリアンプとしての機能もあります。
何より音が素直なのがいいです。

それからストラップの件ですが、僕は座って弾くのでストラップは使っていません。
ですからご質問のような状況になったことがないんです。
僕は自分で取り付けましたが、緩む感じはしませんけどね。

今度立って弾く必要があるので、ストラップをつけてみました。
問題は緩みより、ピンが太いためストラップの掛かりが甘く、
抜けてしまいそうなことです。

以上お役に立てたかどうか。

投稿: スカンクちかの | 2008年4月18日 (金) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116900/40883209

この記事へのトラックバック一覧です: 藤縄哲也 春の陣:

« 美女と野獣、元町にあらわる | トップページ | 闇市のシーズン来る! »