« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月27日 (日)

鬼頭つぐるとの楽しい時間

4/26(土)、across the BORDERLINEでソロライヴをやりました。
真打ちは埼玉の貴公子?鬼頭つぐるさん。
元々は彼のライヴを見に行って大騒ぎ、楽しい時間を過ごしたら、
それがきっかけでその場で共演が決まったのでした。

80426sc1 ソロでのライヴはなんだか久々な気がします。
美女と野獣の合間にちょこちょこやってましたけど。
で、最近のトレンド、「呑まずにライヴ」を実践してみました。
結果はというと........。

客席正面に陣取ったのがつぐるさんとそのお友達。
中には後で書きますけど、フロミズワンダーズの藤本さんの姿も。
自分は緊張しないと思っていたんですが、やっぱり緊張していたようです。

1:ミッドナイト・キャブ

軽いジャブのつもりでいつもの歌から始めたんですが、ちょっとしっくり来ません。
実は前の日江古田倶楽部でも深川慶さんの誘いにより3曲やったトップがこれだったんですが、
どうも右手が思うように動いていないんです。
後で考えればやっぱり緊張していたんでしょう。
なんだかいまいち乗りきれずにスタート。

2:おしまい

これは「30年前からこんなんばっかりやってました」とアナウンス。
心のどこかに引っかかる違和感はあったんですが、まあ無難に。

3:みじめさ

大分ほぐれてきました。エンディングがちょっと納得いきませんでしたけど、
もう大丈夫!っと思ったのが油断大敵火がぼうぼう。

4:朝帰り

ギターをレギュラー・チューニングに持ち替え本日最大の問題の曲です。
以下アナウンス通り。

実は僕はレギュラー・チューニングだとEのブルースしかまともに弾けません。
そこで何とか幅を広げようと、この10日ぐらいAのブルースに挑戦しました。
で、やっているうちに思いついたのがこの曲。
歌詞が浮かんだのが3日前。練り込んで前日にそれなりに満足のいく仕上がりに。
で、前日、当日と延べ3時間くらい練習をして本番に臨みました。

「本日初公開、3日前にできた曲です。上手く行ったらおなぐさみ」

結果はご想像通り、大失敗(汗)。久々に演奏中頭が真っ白に。

イントロは調子よく行けたんですよ。
で、歌に入った途端、自分が思った歌い回しとは違う歌を歌ってる自分がそこに。
当然歌詞がおさまりません。凄く動揺。
すると今度は、その動揺に影響を受けて、ターンアラウンドのフレーズがすっ飛びました。
スライドやキーがEなら、手慣れているのでその場でごまかせるんですが、
そうもいかずもう曲が止まりそう。

それを救ってくださったのが藤本さんでした。

事前に「乱入していいですか」と言われていたので、もちろんOK。
この絶妙のタイミングでハーモニカを入れてくださったんです。
ステージ上の僕は、思わずすがってしまいました。
「急にハーモニカが入ったから動揺しちゃった!」と。
もちろん後でみんなに白状しましたが、それはとっさにその場を取り繕った発言。
いわばなぎら健壱の「悲惨な闘い」の世界です(分かる人は歳が知れますね)。

その後も全く歌はリカヴァーできませんでした。大パニック。
ターンアラウンドもやり直しやっちゃったし。
おまけにごまかしの台詞まで入るなど、穴があったら入りたい演奏。

日頃の発言を訂正します。「スカンクも人並みに緊張する」と。

リハーサルで歌っておけば良かったな。とは後悔先に立たず。

店のマリちゃんには「一杯呑んだ方が良かったのでは」との実に当を得たアドヴァイス。

次回からソロの場合はそうします(笑)。

5:シナーズ・プレア

80426sc2 今度はEのブルース。安心感が全然違います。
藤本さんの素晴らしいサポートを得て、気持ち良く演奏できました。
まあ前の曲は悪夢ということで。

この後も藤本さんがいい感じでサポートしてくださったので、
楽しいライヴになりました。本当に大感謝!

6:すってんころりんすっとんとん

ドブロに戻り、景気づけに。
傍らのウーロン茶を指して「これ、酒じゃないんです」なんて言う余裕も。
ああ良かった。でも歌詞が一部とんでましたね。

7:夢でもいいから

この歌になると自分でもほっとします。
ゆったりしたバラードですが、声もよく出たし、納得の出来。
終演後マリちゃんから、「バラード、あたし気に入ってるんです」とのめちゃめちゃ嬉しい言葉も。
大切に歌っていきます。

8:フライ・アウェイ

ゴスペルの"I'll Fly Away"を日本語化。

この歌を歌おうと思ったきっかけは、ネット仲間の突然の死。
来月追悼会で1曲披露することになっているので、この曲をやることに。
と言うことでこれも初物なんですが、こちらは思いのほか上手く歌えました。
ゴスペル・コーラスをやっている友人が見に来ていたんですが、
「いい曲ですね」との言葉もいただいたし。ほっとしました。

この曲は現在美女と野獣のレパートリーにしようと取り組んでいます。
そちらでグレードアップしたヴァージョンを披露できる日をご期待ください。

9:メタボリック・ブルース

最近の定番です。賛否のあった「デブ・スキャット」をやめて普通のスキャットに。
何故か声がかすれてしまいましたが、伴奏の安定感も出てきて、
まあまあだったと思います。ノリ自体は上手く出せたかな。

10:呑んでワイン・スポーディ・オディ

ラストはノリのいい曲を。皆さんにコーラスをお手伝いいただきました。
藤本さんもコーラス、ハーモニカと大活躍。
普通のブルース進行とは少し違う2小節「字余り」にもかかわらず、
完璧な演奏でした。最高に楽しく気分良く終わることができました。

以上赤裸々にライヴの様子を書き止めてみました。
本来は公開すべきことではないのかもしれません。
でも、昨夜ボーダーラインで起こったことは真実で、逃げも隠れもできない。
粉飾するくらいならありのままを書き止めることが今後に繋がると思っています。

「朝帰り」、毎日練習して、身につけようと思っています。
自分ではかなり気に入っているんです。だからこそ悔しい。
次回にはきっと楽しめる演奏にしたいと思っていますので、よろしくです。

80426kt1 後半は鬼頭つぐるさん。
「スカンクさんて、思ったよりずっとブルースなんですね」との台詞。
これって僕にとっては最大級の賛辞。
こちらも藤本さん、さらには電飾ウォッシュボードの参加もあり、
めちゃめちゃ盛り上がりました。

特に終盤、「天国の扉」「モンキー・ストンピン」あたりでは大コーラス大会。
ノリのいい演奏で会場が揺れるくらいの楽しさでした。
アンコールは「アイ・シング・マイ・ソウル」をリクエスト。
本当に楽しく盛り上がる夜になりました。

鬼頭さんの次回は6月。松田幸一さんとのブッキングです。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

闇市のシーズン来る!

80419nb1桜が散ると六角橋ドッキリ闇市のシーズン開幕です。
ことしは郵便局前からその隣の駐車場に場所を移動。
奥行きが出たため立ち止まる人も見やすくなりました。

さて今回のラインナップは昨年お馴染みの面々。

美女と野獣

写真、撮ってもらうの忘れちゃいました(汗)。
でも帽子忘れたからいいかな。

ミスター・ボージャングルズ
Killing Me Softly With His Song
涙そうそう
You're Sixteen
秋の空
がんばるな

リハーサルもやらず、曲もその場で決めていきましたが、
場の雰囲気に合わせてやれました。
漫才のようなおしゃべり(と人に言われます)も大分慣れてきました。
立ち止まる人、手拍子をくださる人、一緒に歌ってくださる人。
路上の楽しさを満喫しました。来月もやります!

80419nb2 2番手はNOBUさん。
いつも通りの華麗な指使いのフィンガーピッキングで、
独特の味わいのあるブルースを奏でます。
今回はとりわけゆったりと落ち着いた演奏。
いい感じでした。

80419sc1 風丸君が急遽声をかけたせんべい屋「雷神堂」のご主人を
呼びに行っている間に、繋ぎで一曲ソロを。

すってんころりんすっとんとん

久々に歌った気がします。でも路上に合う歌だなぁ。

80419rz1 で、そのせんべい屋さんが登場。
「酒と泪と男と女」「勝手にしやがれ」を熱唱。
味のある歌でした。
懐かしい歌だったんで一緒に歌っちゃいました。
こういうアバウトさが路上ならではの楽しさ。
また聴きたいです。

80419km1 そしていよいよ風丸君です。
いつのまにがバックにはむさい男どもが(笑)。
時間にゆとりがあるため、風丸君らしいゆったりしたおしゃべり。
そして素晴らしい歌声を聴かせます。
「ウィスキー・リヴァー」「イッツ・ノット・ア・スポットライト」
みんなで歌い、演奏をしました。
80419km2
四月になり泊まり込みの現場で仕事をしていて、
ギターに触っていないなんて言っていましたけど、
やっぱり堂に入った演奏はさすがです。
ことしも郵便局前の顔ですね。

終了後は風丸工房特製のベーコンをつまみにビール三昧。
そこへ笹部さん率いるブルーグラス・バンドの面々が合流。
急遽セッションになりました。
僕もドブロで参戦。慣れないコード展開でしたけど、楽しかったな。
ブルースとは違う音使いが面白くもあり、難しくもあり。
でも楽しいひとときになりました。

来月は17日。豪華な出演者になりそうな予感です。
是非遊びに来てください。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年4月14日 (月)

藤縄哲也 春の陣

80412bb1月に続き、ボーダーラインのライヴを美女と野獣で迎え撃ちました。

今回の美女と野獣は3部構成で。
ちょっと趣向を凝らしてみました。

1:Moon River(サチコ・ソロ)

2:Killing Me Softly With His Song
3:秋の空
4:ひとり負け
5:春のひざしは
6:You're Sixteen

7:夢でもいいから(スカンク・ソロ)
8:メタボリック・ブルース(スカンク・ソロ)

「二人いるんだから3パターンできるよね」とはサッチャンの言。
ということで、短時間にいろんな要素を詰め込んでみました。
「素面でライヴ」路線も定着し、美女と野獣は安定してきた気がします。

サッチャンのソロはインストですが、ギターを弾きながらしゃべるって凄いなぁと感心。

僕のソロは毎度のことですが、まあいろいろありました。
「メタボ」のスキャットは何とかしないとなぁ。
でもノリは出ていたと思います。何しろテッチャンへの挑戦状(笑)。

80412ft さてメインイヴェントの「なにわのてつ」こと藤縄テッチャン。
「メタボ」にしっかり意趣返しから始まりました。
「メタボリックが止まらない」に「尿酸」。後者は何と童謡の「ぞうさん」。
さすが芸人魂です。

と言うことで、飛び込みのお客さんがたくさんいる中、軽妙なトークと、
楽器の特性を見事に使い分けた演奏、ペーソスの効いたオリジナルに、
ロック系の好きなお客さんに向けた選曲を交えて、
1時間半以上のテッチャン・ワールドが展開されました。
本当に楽しいひとときでした。

アンコールのラストを締めたのが「ムーン・リヴァー」。
最後まで憎い演出ですね。

次回夏の陣は7月。乞うご期待!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月 1日 (火)

美女と野獣、元町にあらわる

3月末の金曜日、あいにくの雨模様でしたが、桜は八分咲き。
美女と野獣もいよいよ本格始動です。

80328bb 元町中華街駅から1分足らずで着くGIGというお店、
共演してくださったSALTYヒロシさんの紹介なんですが、
とっても素敵な店でした。
音響も素晴らしく、食事もおいしかったです。
でも何といってもマスターの人柄に惚れました。

さて選曲はこんな感じ。

1:Killing Me Softly With His Song
2:秋の空
3:ひとり負け
4:Mr. Sandman
5:You're Sixteen
6:春のひざしは
7:ミスター・ボージャングルズ
8:がんばるな
en:You've Got A Friend

スカンク、珍しく素面でやりました。これが楽しかったんですよ。
病みつきになりそうです。

ありがたいことにアンコールまでいただいて、ちょこっと実験的なこともしちゃいました。
すごく楽しめたライヴでした。

80328sh さて、SALTYヒロシさんです。
今回は三輪さんのギターを加えて、いつものヒロシワールド。
車で来られたそうで、呑んでないのに
呑んでるときとあんまりテンションが変わらない楽しいステージ。

季節柄の「卒業写真」、僕が大好きな「ガラスびん」「かもめ」。
「イッツ・ノット・ア・スポットライト」ではスライドで混ぜてもらいました。
後から来たお客さんにもたっぷりサービスで演奏、
やっぱりSALTYさんのライヴは楽しいです。

5/18(日)にはGIGでSALTYヒロシ主催のアコースティックなイヴェントをやるそうで、
ありがたいことに「一緒にやりましょう」と声をかけてもらいました。
楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »