« ソロ・ライヴ@Blue SUnya | トップページ | やなぎ@across the BORDERLINE »

2008年3月11日 (火)

3/1 Live at guppy

80301bi1_2 80301bi2_2



 

BET ON ITという超コテコテのブルースバンドと、
髷詩鼓というオリジナル中心のロックバンドという、
なかなか珍しい取り合わせですが、このふたつのバンド、仲がいいんですよ。
で、ブルースバンドからスタート。
今回はドラムのガンちゃんもいてオリジナルメンバーです。

1:I Ain't Got You
2:The Thing That I Used To

まずは2曲ノルウェイ森の歌で。1は火付けにはいい曲になりました。

3:Blues With The Feeling

たけの歌で。ちょっとブレイクをしそこなったりありましたが、まあお許しください。

4:I'm Ready
5:Please Send Me Someone To Love

再び森の歌。マディの曲のようなドスの利いた歌は似合います。

80301bi3 80301bi4 80301bi5



 

6:Don't Start Me To Talkin'
7:Telephone Blues

たけの歌にチェンジ。
スローブルースでバンドの味がどれだけ出せるかが今後の課題かな。

8:Hard To Handle

バンドのファンキー部門、マサの歌で。勢いはあるけどアレンジに手を加えたいな。

9:Walkin' By Myself

たけのハープをフューチュアして、森の歌でガツンと行きます。

10:My Babe

ラストはノリのいいシャッフル。歌はたけ。

80301bi6 80301bi7



 

en: Hoochie Coochie Man

おかげさまでアンコールがかかりました。こいつでガツンと行きました。

バンドとしてはいろいろ課題も見えたライヴでした。
パーマネント・バンドらしく、細部のアレンジまで神経を通わせて、
オリジナリティを出していけたらいいと思います。
と同時に、ガツンと行くところは心置きなく行っちゃってもいいように思います。
まだ遠慮があるなぁ。
フロント陣はセッションに参加して武者修行をしてもいいかもね。

80301mg1



 

さて髷詩鼓です。ヴォーカルのトシコちゃんの喉がいまいちということで、
ちょっと心配しましたが杞憂でした。
最初っから伸びやかに歌っていましたね。
途中三線で味わいを変えたりしながら、ラヴ&ピースな歌詞の曲でいっぱいです。
社会批判も織り交ぜています。

80301mg2 80301mg3 80301mg4 80301mg5








髷詩鼓は結成当時からずっと見てきましたが、
この1年で本当にいいバンドになりました。
やっぱりドラムがウメチャンになったのが一番かな。
歌心のあるドラム、いいですね。

と言うわけで、楽しいライヴを過ごすことができました。
めでたし、めでたし。

|

« ソロ・ライヴ@Blue SUnya | トップページ | やなぎ@across the BORDERLINE »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116900/40468044

この記事へのトラックバック一覧です: 3/1 Live at guppy:

« ソロ・ライヴ@Blue SUnya | トップページ | やなぎ@across the BORDERLINE »