« 久々のあっとぺっぷ | トップページ | 3/1 Live at guppy »

2008年2月24日 (日)

ソロ・ライヴ@Blue SUnya

80223scとうとう東京にスカンクの奇声が響き渡りました。
四谷3丁目からほど近いブルース・バー、Blue SUnyaでのライヴです。
深川慶さんに誘ってもらいました。

なかなか雰囲気のある店で気に入りました。今度呑みにいこうっと。

1st. Set

1:すってんころりんすっとんとん
2:おしまい
3:みじめさ
4:夢でもいいから
5:グッド・アン
6:ミッドナイト・キャブ

最初はちょっと緊張してましたね。ノリがいまひとつ。
でもノリのいいお客さんにあおられて、だんだん調子が出てきました。
いつものように歌詞間違えたりもありましたけど、許容範囲かな。
リカヴァーが上手くいってたようなので。

80223k2 慶さんとは3度目の共演です。
声のトーンが僕と全く違うので、コントラストが付いていいと思います。
それに今回、慶さんのギターが凄く良かった。
聞きほれてしまいました。
トリッキーなプレイはないんですが、味わい深くて良かった。
僕ももう少しギター練習しなきゃと思いを新たにしました。
スタンダードなブルースとオリジナルを取り混ぜたステージ、
落ち着いていて、でも楽しかったです。

で、2回目のステージ。

2nd. Set

1:寿町ブルース
2:君に首ったけ
3:丸坊主の女
4:ひとりよがり
5:シカゴ・バウンド
6:メタボリック・ブルース

前半3曲はレギュラー・チューニングで。
ドブロでも大分納得のできる音になってきたと思ってます。
しゃべりながらのチューニングも慣れてきました。
丸坊主は少し歌詞を変えてみました。
ラストのメタボリック・ブルースはスキャットにちょっとした工夫を。
まあ聴いてのお楽しみってことで。受けました。

80223bn 慶さんの後半は、ゲストにブロウハープ永田さんを加えてのセット。
端正なギターに味わい深いハーモニカの取り合わせで、
幸せな気分になれました。
「スウィート・ホーム・シカゴ」「ダスト・マイ・ブルース」といった、
定番曲から、「ミッドナイト・スペシャル」や
「ワン・スコッチ・ワン・バーボン・ワン・ビア」なんて幅広い選曲。
ビールもすすんじゃいました。

懐かしい友達にも会えたし、とにかく楽しめました。
夏ぐらいにまたやらせてもらえそうです。
東京方面の方、よろしくです。

|

« 久々のあっとぺっぷ | トップページ | 3/1 Live at guppy »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116900/40244807

この記事へのトラックバック一覧です: ソロ・ライヴ@Blue SUnya:

« 久々のあっとぺっぷ | トップページ | 3/1 Live at guppy »