« 2008年初ライヴ@Figaro | トップページ | ソロライヴ@ボーダーライン »

2008年1月27日 (日)

なにわのてつ&美女と野獣

1月26日の土曜日、across the BORDERLINEに
なにわのてつこと藤縄てつやが初登場しました。
迎え撃つのは冬眠中の美女と野獣。
まあ簡単に言えば、美女と野獣が前座をやったってことです。

80126bb2 美女と野獣は冬は活動をしないようにしています。
仕事が忙しいのもありますけど、ライヴのない時期に、
しっかり「仕込み」をしたいと思っているからです。
でも、てつさんから「一緒にやらないか」との誘い、
これは断るわけにはまいりませんでした。

1:ミスター・ボージャングルズ

ずっと英語で歌っていたんですが、詞の内容を知ってもらいたいので、
日本語訳してしまいました。中川五郎さんなどの訳もあるのですが、
言葉のリズムを大切にしてみたんです。
訳はこちらに載せてあります。

http://homepage1.nifty.com/bluesknk/wattsong.html#bojangle

ちょっと緊張気味でしたがいい感じでやれたかな。

2:A Song For You

これは和訳は厳しいので英語で。最初の音外したりといろいろやってしまいました。
でも歌には気を込めたつもり。

3:Mr. Sandman

サチコの歌にバトンタッチ。少し柔らかめな歌い方を心がけたとか。
優しさが出てきました。

4:春のひざしは

福永令三さんの詩にサチコが曲をつけたもので、最近の定番曲。
少し抑揚をつけてみました。

5:がんばるな

80126bb1 The Hot Wattsの曲だけど、アレンジを変えてみました。
少しずつ音を整理しています。
ワッツのものを知っているお客さんに、
「こっちのアレンジが好き」と言われ、嬉しくなりました。

てな感じで、冬眠中の身分なので軽くやりました。

で、いよいよ藤縄てつやさんの登場です。

80126ft ボーダーラインの紳士・淑女(笑)の前ということもあり、
上品めな選曲でスタート。
スカンクのギター、サチコのギターを使って、
素晴らしい音で鳴らします。名人です。
歌もしっとりとした味わいのある歌。
定番の「コインパーキング・ブルース」もゆったりした感じでみんなに受けていました。

てつさんの魅力のひとつに「お笑い」があるのはたしかです。
今回も抱腹絶倒の替え歌をいくつも披露してくださいました。
でも、そういうお笑い系ばかり望まれて、辟易してしまうこともあるそうですが、
今回は高い音楽性に裏打ちされた、素晴らしい歌の数々を披露してくださいました。
こちらの魅力がしっかり出て、本当にアッという間のライヴでした。
「私の青空」も日英両語で歌いますし、軽快な「ルート66」も格好いいし。
アンコールの「タイガー・ラグ」まで、楽しく、充実したライヴでした。

ほぼ満員になったお客さんも大満足の様子。
早速この組み合わせで4/12にまたやることになりました。
是非是非なにわのてっちゃんの魅力を味わいに来てください。
絶対のお薦めですよ!

ちなみに彼の出しているCDについて、拙文を載せているのでご覧あれ。

http://homepage1.nifty.com/bluesknk/cdindex0.html#070702

|

« 2008年初ライヴ@Figaro | トップページ | ソロライヴ@ボーダーライン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116900/17863689

この記事へのトラックバック一覧です: なにわのてつ&美女と野獣:

« 2008年初ライヴ@Figaro | トップページ | ソロライヴ@ボーダーライン »