« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月27日 (日)

なにわのてつ&美女と野獣

1月26日の土曜日、across the BORDERLINEに
なにわのてつこと藤縄てつやが初登場しました。
迎え撃つのは冬眠中の美女と野獣。
まあ簡単に言えば、美女と野獣が前座をやったってことです。

80126bb2 美女と野獣は冬は活動をしないようにしています。
仕事が忙しいのもありますけど、ライヴのない時期に、
しっかり「仕込み」をしたいと思っているからです。
でも、てつさんから「一緒にやらないか」との誘い、
これは断るわけにはまいりませんでした。

1:ミスター・ボージャングルズ

ずっと英語で歌っていたんですが、詞の内容を知ってもらいたいので、
日本語訳してしまいました。中川五郎さんなどの訳もあるのですが、
言葉のリズムを大切にしてみたんです。
訳はこちらに載せてあります。

http://homepage1.nifty.com/bluesknk/wattsong.html#bojangle

ちょっと緊張気味でしたがいい感じでやれたかな。

2:A Song For You

これは和訳は厳しいので英語で。最初の音外したりといろいろやってしまいました。
でも歌には気を込めたつもり。

3:Mr. Sandman

サチコの歌にバトンタッチ。少し柔らかめな歌い方を心がけたとか。
優しさが出てきました。

4:春のひざしは

福永令三さんの詩にサチコが曲をつけたもので、最近の定番曲。
少し抑揚をつけてみました。

5:がんばるな

80126bb1 The Hot Wattsの曲だけど、アレンジを変えてみました。
少しずつ音を整理しています。
ワッツのものを知っているお客さんに、
「こっちのアレンジが好き」と言われ、嬉しくなりました。

てな感じで、冬眠中の身分なので軽くやりました。

で、いよいよ藤縄てつやさんの登場です。

80126ft ボーダーラインの紳士・淑女(笑)の前ということもあり、
上品めな選曲でスタート。
スカンクのギター、サチコのギターを使って、
素晴らしい音で鳴らします。名人です。
歌もしっとりとした味わいのある歌。
定番の「コインパーキング・ブルース」もゆったりした感じでみんなに受けていました。

てつさんの魅力のひとつに「お笑い」があるのはたしかです。
今回も抱腹絶倒の替え歌をいくつも披露してくださいました。
でも、そういうお笑い系ばかり望まれて、辟易してしまうこともあるそうですが、
今回は高い音楽性に裏打ちされた、素晴らしい歌の数々を披露してくださいました。
こちらの魅力がしっかり出て、本当にアッという間のライヴでした。
「私の青空」も日英両語で歌いますし、軽快な「ルート66」も格好いいし。
アンコールの「タイガー・ラグ」まで、楽しく、充実したライヴでした。

ほぼ満員になったお客さんも大満足の様子。
早速この組み合わせで4/12にまたやることになりました。
是非是非なにわのてっちゃんの魅力を味わいに来てください。
絶対のお薦めですよ!

ちなみに彼の出しているCDについて、拙文を載せているのでご覧あれ。

http://homepage1.nifty.com/bluesknk/cdindex0.html#070702

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

2008年初ライヴ@Figaro

80119sc1_2逗子のフィガロは新しい店ですが、素敵な店です。
自らも素晴らしいギタリストで歌い手のドノヴァンさんが開いた、
15人も入るといっぱいの店ですが、
音楽と湘南が溢れています。
そこで2度目のライヴをやることができました。

第1部 スカンクちかの

まずはソロで。

1:モジョ・ハンド
2:シナーズ・プレア

フィガロのサイトで
「勝手に日本語の歌詞を乗っけて、Traditional Bluesを唄う図々しさ」と
素晴らしいコメントをいただいていたので、まずはご期待に応えて。
この2曲はアコギ使用。

3:ひとりよがり
4:おしまい
5:夢でもいいから

3はSide Coast Blues Band時代からの歌。
デルタ風にアレンジしたけど、まだまだかな。
第一1番の歌詞の助詞を間違えて歌にならなくなっちゃった(笑)。
で、仕切り直し。でもこれでかえって調子を出した気もする。

4もSide Coast時代の曲。これは結構好きな歌。
5、珍しく歌詞がよれた(本人動揺)けど、無難にクリア。
次回はちゃんと歌いたいな。ちょっと酔いが足りなかったかも。

6:ミッドナイト・キャブ
7:メタボリック・ブルース

1st.Setの締めは昨年作った「実話シリーズ」で。
7は今回も嬉しいことに大受けだった。
あるお客さん曰く「だって身体張ってるんだもん」。妙に納得。

第2部 田中ちょいなちょいな

このおかしな名前のユニット、実はThe Hot Wattsのギタリスト、
ヤマモトシンヤとキーボード兼秘密兵器、スズキトシヤのコンビ。
ギター+カホーンをバックに歌いますが、特にトシヤの突っ込みが絶妙。
すごく楽しいんです。

80119tc11:Georgia On My Mind
2:暴れん坊将軍のテーマ
3:Eの8ビート
4:不器用な僕
5:青いハナミズキの影
6:EもしくはA
7:流れ星
8:田中のテーマ~やり直しブルース~

1はシンヤが勝手に始めたインスト。トシヤ「俺はやらない」と知らんぷり。
2もインスト。「300年前、江戸時代の曲」って違うでしょ(笑)。
とこういう感じの軽妙な言葉の掛け合いもこのユニットの面白いところ。

4はトシヤの結婚式のためににシンヤの奥さんが作った曲。
5はそれこそ何でも繋いじゃうインスト・メドレー。
7はお客さんで来ていたダーク君の結婚式のために作った歌。
8は僕も乱入してしまいました。

第3部 プチ・ワッツ

80119pw2 80119pw1 1:10円玉のブルース

最初はスカンクひとりで登場。
「お客さん参加型ブルース」ということで、
お客さんの突っ込みにあわせて歌詞を変えていく。
中には「そのネタ前に使ったことある」なんて返してみたり。
最後のオチで、擬音表現をやってみたけど何とか分かってもらえたみたい。

ここでシンヤ・トシヤも加わり、当日命名したユニット「プチ・ワッツ」。
The Hot Wattsの曲を中心に3人で盛り上げようという趣向。

2:ハイウェイ・ヨガ
3:金
4:ラヴ・ソング
5:Walk On - 歩き続けろ
6:飲んでワイン・スポーディ・オディ

2はスカンクはハーモニカ。
4はスカンクが自分のカミサンに作った歌でこれも結婚式ネタ。
5はSide Coast時代のネタで、これはThe Hot Wattsでもやってない曲。
本来の趣旨(笑)に戻り、ブラウニー・マギーの曲の日本語版。
6はそのブラウニーの弟、スティック・マギーの曲の日本語版。
でもSide Coast時代からThe Hot Watts、ソロでも歌い続けている定番曲。
いろいろ遊べて盛り上がる曲だ。でも「黒田節」「黄桜」は、
初めて見てくださったお店の常連さんにも大受けだった。

とにかくアッという間の2時間。お客さんも結構来てくださり、最高に楽しかったです。
田中ちょいなちょいなは、シンヤが台湾勤務を終えて帰日したので、
これからも積極的に活動するとのこと。
まずは2月16日。同じラインナップで六角橋のあっとぺっぷに出演します。

フィガロも5月の第4土曜日に出演することがほぼ決まり。
こちらはドノヴァンさんのリクエストでは
「美女と野獣」と「田中ちょいなちょいな」でとのこと。
そうなると4人でやるユニットは「ミニ・ワッツ」ですね。

最後に何もかにも良くしてくださったフィガロに大感謝です。
素敵な店ですのでライヴのないときに飲みに行きたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 2日 (水)

2007年越しライヴパーティ@グッピー

71231tbとにかくこれがないと1年が終わらない。
僕にとってはそんなイヴェントです。
The Hot Wattsというバンドとしても、21年出続けているイヴェントです。
こういう場にいつもいられる幸せを感じます。

たかちゃん'ズ

71231tk1 グッピーのママさんのタカちゃんと、美女と野獣のサッチャン
(本名が貴子なんです)のデュオです。
ウクレレとギターに二人のコーラスが柔らかく溶け合って、
暖かく優しい気分になれます。
ハワイ語の「涙そうそう」に「花」、そして「花はどこへ行った」
年々息が合ってくるデュオ、イヴェントの花ですね。

オリーバーズ

712310v1 ことし大活躍だったのは遠峰あこちゃんが一番でしょう。
ソロでも引っ張りだこ、バンドでも寿フリーコンサート出演と、
本当に躍進の1年だったと思います。
今夜は夫婦水入らずのライヴ(笑)。
高田渡の新年の歌から、アンコールまで、楽しかったな。
来年もよろしくです。

イリオモテヤマネコ

71231iy1 大晦日は恒例になっています。
チエコちゃん、新しいムスタングにしたみたいですね。
このバンドらしいパンキー名じゃ無演奏が格好いい。
で、最後はヤンバルクイナになって、
ホタルちゃんが「また会う日まで」を熱唱。

でもこの歌に意味が込められてたんです。ドラムのヨシオさんが九州に帰ることに。
だからもうすぐバンドが活動停止になっちゃうんだそうです。残念だなぁ。

71231iy2 71231iy3 71231iy4 71231iy5





野毛アニマル

71231na1 手島さん率いる野毛アニマル、久々の登場です。
ワンコードに乗ってギュインギュインに歪んだギターから
豪快なフレーズを紡ぎ出す手島さん。
今夜は格別だったなぁ。すごく気合いを感じました。

71231na2 途中マスターをヴォーカルに迎えてやった「リトル・ウィング」も。
なかなかのコラボレイションだったと思います。
スタンピートとはまた一味違う感じ。
いい形でのバンド復活を期待しています。

髷詩鼓

71231mg1 パーティで生まれ、育ってきた髷詩鼓。
定期的にライヴもやって、素晴らしいバンドになってきました。
今回はぶーさんが帰省のため、なんとまゆみちゃんがベース。
いいコンビネーションでした。
社会性の高いトシコちゃんの歌詞は、本当に大切なものをいつも思い出させてくれます。

71231mg2 71231mg3 71231mg4






ZEDD

71231zd1 山鉄、大晦日は久々の登場じゃないでしょうか。
今回はシャープな演奏をいつも聞かせてくれるZEDDで。
ヴァイオリンも加え、音楽性の高い演奏が素敵でした。
最後にはしっかり遊びも入れてくれたし。
2008年の活躍も期待しましょう。
71231zd271231zd4_2 71231zd3

 

 

71231zd5_471231zd6_3




The Hot Watts

71231hw1 2007年の大晦日、意外に出番が早かった。
ことしのテーマは「和」。
今回も遊び心いっぱいの選曲でやってみた。

1:横須賀ストーリー
71231hw2
山口百恵と僕は同い年。
宇崎、阿木コンビの曲をということでこの曲を。
イントロで「何事か」との表情が。やったね。
ちなみに曲はすべてオリジナルのキー。僕には女性の歌が似合うのよ。
71231hw3
2:あんたのバラード

こうなるともう「イントロ当てクイズ」状態。
「バカヤロー」との嬉しい怒声が飛ぶ中、わざとらしく歌ってみた。
71231hw4 今回はキーボードにepoが入っているんで、何でも大丈夫って感じ。
でも本当は歌いたかったのかな?

3:六本木心中

71231hw5 今夜の目玉。「燃えた」との声が出て嬉しかった。
格好いい曲だからね。
結構ノリノリになってきた。

ここで秘密兵器登場
71231hw9
4:瞳を閉じたかもしれない

「ヒライ ケン....ジさん」のアナウンスに乗ってトシヤ登場。
71231hw0 曲は「瞳を閉じて」「愛はかげろう」「大きな古時計」のメドレー。
トシヤ、平井堅に似せてきてるんだけど、それじゃつまらんと、
ヒライケンジよろしくスケッチブックに何やら書いてきてる。
これがまた大受け。
やっぱりパーティはこれがなきゃねぇ。
71231hw6_2
5:借金大王

やっぱりノリのいい曲をということでウルフルズを。
71231hw7 この辺になるとお客さんがそわそわし出して、
どんどんステージ側に集まってきた。
みんなやりたくてたまんないんだよね。
と言うことで、例年通りのラストナンバーへ。
71231hw8_2
6:ロックンロールお正月

これをやらないとグッピーの大晦日は終わらない。
ことしは年内にできた!舞台上はご覧の状態!
山鉄に青、大作さんまで乗っての大騒ぎ!
71231hwa
毎年こんな楽しい思いをさせてくださっているマスター、
それにタカチャン、ニキちゃんに感謝です。
写真撮ってくれたウメチャンにも感謝!

トミー塩谷&スタンピート

71231sp1 この後カウントダウンを待ってみんなで乾杯しました。
そしてマスターの登場。
いつもと少し違う選曲でしたが、
やっぱり「流れに沿って」が良かったな。

71231sp2 71231sp3 71231sp4 71231sp5










佐渡

71231sd1 今回のオオトリは佐渡君の弾き語り。
いつも通りの暖かい歌は本当に魅力的です。
次は是非バンドで参加して欲しいな。

みんなで楽しむこうしたパーティで1年を締めくくれるってのは、
いつものことながら幸せなことだと思います。
2008年もいい年になるといいな。
みんなで楽しみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »