« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

ブルースとワインの夕べ

10月24日、平日ですが二俣川のサムディでこんなイヴェントがありました。
マスターに「参加してもらえないか」と打診があり、僕で良ければとソロでやってきました。

71024no1 この日のメインは長岡純重さん。
力強いフィンガーピッキングで、ブラインド・ブレイクのラグタイムや、
ロバート・ジョンソン、さらにはフォスターの曲などを、
柔らかく感じのよいトークとともに聴かせます。
特にギターの腕前は本当に一級品です。
ラグタイムでもちまちませず、ぐっと前に出てくる感じは
めったに聴けるものではありません。

71024sc1 リハの後下の居酒屋で一杯やってたらちょっと遅れてしまいました。
で、僕の出番となりました。
前回のボーダーラインでちょっと不本意な出来だったので、
曲を絞り込みました。
また、長岡さんの名人芸に僕のギターがかなうはずもないので、
僕は僕の味を出すことを意識しました。これが結果的に良かったようです。

1:すってんころりんすっとんとん
2:おしまい
3:惨めさ(ラングストン・ヒューズの詩の邦訳に曲をつけました)
4:ミッドナイト・キャブ
5:メタボリック・ブルース

すべて日本語のブルース。気も適度に入り、いい感じでやれました。

71024sh1 次は生野ヒロコさん。
この人は普段ボサノバを歌ってるんだそうです。
オリジナルのラヴソングも、ボサノバの香りがいっぱい。
途中マスターの守之介さんがウクレレでオブリを入れる場面も。

この後再び長岡さんが登場。
日本語のブルースも披露してくださいました。
最後はセッションで、僕は酔っ払いだったのでハーモニカで参加。
「ハウ・ロング・ハウ・ロング・ブルース」を守之介さんと3人でやりました。

ワインもおいしく、お客さんの反応も良かったので、楽しめました。
ハコも鳴り、返しとも良くて、とても歌いやすい店です。

ただ、お店には考えてもらいたいと思ったこともいくつか。
一番大きいのはチャージですね。
スケジュールに告知していないのにお客さんからチャージを取るのはどうなんでしょ。
友達を呼ぶのにも、いくらかかるか分からないのは困りもんです。
この辺を改善してもらえると嬉しいんですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

10.21国際反戦ディ・アコースティック・ライヴ

グッピーのマスターが10月のスケジュールを考えているときに、ふと思い出したのがこの日。
きな臭い昨今、声を上げて戦争に反対し、平和を願う声が薄れていると感じていた彼は、
急遽アコースティックで平和と愛の尊さを訴えるライヴを企画したんだそうです。
この趣旨は次のたかちゃんからのメッセージによく表れています。

 10月21日は国際反戦デーです。この日、マスターが
「アコースティクライブをやるよ。国際反戦デーだから」と言いました。
その言葉を聞いた時は「あ、そうか」ぐらいの気持ちでしたが、
しばらくしてから先日テレビで見た広島で被爆した女性の事を思い出しました。
彼女の年齢は68歳くらいです。被爆者と認定されず、ずっとずっと苦しみながら
生きてきました。被爆した時は小学校にいて、片腕はケロイド状に焼けただれて
いるのに、黒い雨を浴びたか浴びないかで裁判で争われてきたそうです。
当時、低学年だった彼女に黒い雨が降ったかどうかなんてわかりますか?
熱くて、苦しくて、降った雨が黒か白かなんて、判断できますか?
そんな事で、その人は肉体的・精神的な苦しみを二重に背負ってきた訳です。
そんな、苦しみは想像もつきません。おもわず、涙がこぼれでました。
 今、私は普通(それなり)に生活しているつもりです。でも、普通に生活
できなくなるかと思うと、不安になり、とても悲しくなります。
とても単純な事ですが、もし戦争が起きれば、「この普通な事」ができなくなると
私は思います。何も悪くないのに、何もわからない子ども達を戦争に巻き込むのは
大人の身勝手だと思います! 
 そんな思いで、このライブに参加してくれる出演者の協力を得て、
この日は投げ銭ですが、集まったお金を寄付します。今の私には、
この様な形でしか、手助けするしかできません。
 そんな訳で、皆さんぜひいらしてください!!

71021bb1 この企画に、美女と野獣も呼んでいただきました。
トップバッターです。
ギターをライン取りとかせず、エアー感のあるマイク取りで、
ゆったり歌うことができました。

1:Mr. Bojangles
2:涙そうそう
3:Tico Tico
4:春のひざしは
5:がんばるな

71021bb271021bb3 暖かいお客さんに囲まれ、
とてもゆったりとした気持ちで演奏できました。
穏やかに和やかに生きられる幸せ、
これを表現できたかなと思います。

71021nb 続いてはノブさん。グッピーとは30年以上の付き合い。
いつもの通りのしっかりしたピッキングで、
オリジナルのブルースなどを。
僕も1曲スライドでお手伝い。

71021km 次は風丸君。なんだか連日同じラインナップですね。
でも闇市と違い、余裕を持って自分の歌を歌います。
ノブさんのギター、僕のハーモニカの乱入もあり、
闇市の延長みたいなにぎやかさもありましたが、
「ウィスキー・リヴァー」など、得意の歌を披露。凄く良かった!

71021mr 続くは沖縄出身のミヤラさん。
フォークをやって育ったとあって、60年代のフォークなどを
反戦の気持ちを込めて歌います。
特に沖縄の体験があるので、反戦平和の思いは格別。
ラストの沖縄の歴史を歌い込んだ歌、強烈なプロテストソング。
ガツンとインパクトがありました。
ライヴ後沖縄談義に花を咲かせてしまった。

71021mg 髷詩鼓はウメチャンが旅行とかで3人編成。
元々メッセージ性の強いバンドなので、
この場にはしっくりマッチしました。
素敵なバンドです。

71021tt タカ&トンベは、ウクレレを弾くたかちゃんとは初めてかな。
まさにおしどり夫婦で、途中ギャグを飛ばしながらも、
歌う曲はボブ・ディランのプロテスト・ソング。
みんなで大合唱でした。
なんだか昔の歌声喫茶(僕は行ったことないけど)みたいだなぁと。

71021tb ここにスタンピートのよっちゃんが来たので、
トンベが「アイ・シャル・ビ・リリースト」を。
ノブさんに僕も加わり、セッション状態。
みんなで歌いました。楽しい!

71021nj よっちゃんはそのまま残り、スタンピートでお馴染みの曲を。
バンドとはまた違った弾き語りの味はまた格別。
歌詞がはっきり聞き取れて良かった!
よっちゃんの歌のうまさに脱帽です。

71021sd 最後はやってきた佐渡君をマスターがステージに上げて、
「スタンド・バイ・ミー」をこれまた大合唱。
僕はまたハーモニカ吹いてます。

かく言うわけで、満員となったお客さんの中、平和を愛するメッセージが、
日ノ出町の一角で歌い上げられました。
音楽好きに悪人はいません。音楽好きに戦争が好きな人はいません。
それはブッシュに抗議する数多くのアメリカのミュージシャンたちを
見ても分かります。

できることでいいから声を上げること。これが大切だと思います。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

ことし最後の六角橋闇市

ちょっと鮮度が落ちてしまいましたが、先週の土曜、最後の闇市でした。
アコースティック・バトル・クラブ、春からスタートして順調なライヴを重ね、
今回6組の出演者で盛り上がりました。
予定されていたソルティさんが風邪で欠席だったのは残念でしたが、
すべて雨の降らぬ天気の中、盛り上がりました。

71020bb さて、美女と野獣です。トップバッター。
本当は出演者が多いので、観戦モードでもいいかななんて、
事前には思ってた(だから僕は帽子かぶってかなかった)けど、
やりたくなっちゃうのよね。と言うことでオープニング3曲。

1:Mr. Bojangles
2:涙そうそう
3:ベーコン・マン

ラストは風丸君の作る美味しいベーコンにあやかったんだけど、
ちょっと歌詞の練り込が足らなかったなぁ。もちろん「キャンディ・マン」の替え歌。

71020tt
続くはとおみねとおこちゃん!六角橋初登場!
もう歌い出しただけであたりの空気が変わりました。
こうしたストリートは特に似合いますね。
野毛山節、東京節とお馴染みの民謡、端唄を披露。
ラストはリクエストに応えてもらい、「私の青空」!
もう最高でした。
来年はレギュラーで出ないかなぁ。

71020yk
次はGEN安田さんのサハラ・ローズだったんですが、
フラフラとザディコ・キックスがやってる方のブースへ。
そこで見たのが葉子 & THE SWAMPDRIVERS。
いやいやはまりました。こんな黒い「デルタ・ドーン」、初体験。
葉子さんのソウルフルな歌と、ジェシ江戸シラスさんをはじめとする
レイドバックした演奏が実に見事にマッチ!足を止めちゃいましたよ。
と言うわけでサハラ・ローズの写真がありません。悪しからず。

こういうハシゴができるのが六角橋の魅力です。

71020nb
次は常連と化しているノブさん。
いつもの通り力強いフィンガー・ピッキングで、
ちょっとコンティネンタルなインストと、ぐっと来るブルースを。
またスライドでお邪魔しちゃいました。

71020yn
闇市では珍しいキーボードの弾き語りは「歌う山猫」さん。
ソフトで優しげな声が凄く魅力的。
ギター中心だとどうしてもゴツゴツしちゃうんですが、
まさに一服の清涼剤って感じです。素敵な人でした。

71020kg
本来ならばSALTYヒロシさんが来る予定だったんですが、
風邪でダウン。でも、そのかわりと言ってはなんですけど、
近所の酒屋のお兄さん、コガさんが飛び入り。
横浜でストリート・ライヴやってるそうです。
一所懸命歌ってくださいました。
こういう「ハプニング」が闇市の面白さ。
どんどんいろんな人が出演してくださるといいですね。

71020km
そしてトリはもちろん風丸君です。
このイヴェントのマスターでベーコンもマスター。
いつもラストに電源切られちゃうんですけど、
彼のパワフルな声はそんなの関係ない感じ。
いつも通りどんどんお客さんが集まって、盛り上がりました。

と言うわけでことしの闇市は無事終了。
来年も是非やらせてということで、話は進んでいます。

で、打ち上げも兼ねて、11/17(土)にあっとぺっぷで
「アコースティック・バトル・クラブ」番外編をやります。
是非是非遊びに来てね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

ソロ・ライヴ@across the BORDERLINE

71012sc110月12日(金)、ソロとしては初めての平日ライヴです。
それも、アンプやマイクをいっさい使わない「生声」。
店としても初めての試みだと思います。

ということで、自分の声にギターが負けないように、
一番でかい音の出るメタル・ボディを久々に持ち出しました。
重たいんですが、たまに弾くとこのタフな音もいいなぁ。

さて、通常僕は店に入る前に腹ごしらえをします。
この日は仕事が振替で休み。家族の食事(カレーライス)を作り、
本当はそれを食べて出掛ける予定でしたが、ちょっと出遅れたので、
店で少しだけ食べました。これが後々大きな問題を引き起こします(汗)。

ビール2杯ほど飲んで1st. Setヘ。

1:すってんころりんすっとんとん
2:サマータイム・ブルース
3:ミスター・レディ(即興)
4:メタボリック・ブルース
5:ラヴ・ソング
6:君に首ったけ
7:ガリ勉ブギ

最初2曲は結構好調な滑り出し。
3曲目はちょっとアイディアが出なかったので、無理矢理かな。
4曲目は新曲。歌詞をひとつ飛ばしてしまった。

そうそう、今回は歌誌を書いたクリアノートを「わざと」家に置いてきたんです。
記憶力に自信がないため、持ってると舞台傍に広げちゃいそうで。
でもそうするとそっちを頼っちゃうんで。
今回は歌詞を覚えて臨みました。だからまあ仕方のないところ。
オフィシャルの歌詞は後ほどホームページにアップします。

5曲目はまあ慣れた歌だったんでいいんですが、ラスト2曲が新しい試み。
まずカポを使用しました。
ウッドボディのドブロではちょっとできないんですが、この楽器は大丈夫。
もうひとつはホルダーを使ってハーモニカを入れました。
実は生まれて初めて人前でやったんです。難しいわ。
ギターのリズムがどうしてもつられるんですよね。もっと修行せねば(笑)。

いずれも高校時代ですから30年以上前に書いた歌。
でもいまだに歌うあたり、進歩がないっていうか...。

ラストを演奏中に流し芸中のとおみねとおこちゃんが来店。
2曲演奏してもらいました。大好きな2曲。

1:私の青空
2:野毛山節

「青空」では後で勝手にスライド弾いてました。
とおこちゃん、「今度一緒にやりましょう」とは社交辞令でも嬉しい。

さて、問題はこの後です。
お客さん数人から、「まだ呑みが足らないんじゃないの?」と言われ、
ビールを2杯飲みました。
ところがこれが予想以上に効いてくるんです。
腹ごしらえが十分でなかったため、酔いの回りがいつもよりずっと速い。
このため2nd. Setはかなり「べろべろ」に近い状態になってしまいました。
だからやった曲も良く覚えていなかったりします。
多分こんな感じ。

1:モジョ・ハンド
2:寿町ブルース
3:ミッドナイト・キャブ
4:ちょいとそこのねえちゃん
5:ひとりよがり
6:夢でもいいから
7:飲んでワイン・スポーディ・オディ
en:シカゴ・バウンド

71012sc2 最初は曲の解説とかを入れながら。
特に寿の話は結構聞いてもらえて嬉しかった。
ところがこの間酔っ払ってくるんですわ。
さすがに「あれ?」っと思ったところで、
最初の腹積もりではラス前に予定してた新曲の3をやりました。
ここでやっといて良かったかも。すでに歌詞は怪しくなってます。

4曲目はもう酔いが最高潮で、こんなに歌い慣れた歌なのに歌詞とびまくり。
5曲目はちょっとデルタっぽいギター・アレンジにして、家で練習してた時は
けっこういけるかなと思ってましたが、とんでもない。
カポなどしたものだから、ギターがまともに鳴りませんでした。
修行が全然足りません。
でもやり続けるうちに良くなるのではと勝手に思ってますが。

6はまあともかく、7もギターのリズムがねぇ。いつものノリが出ない。
それでも暖かいお客さんのおかげでアンコール。
でもこれまた歌詞が飛ぶし。

とにかく曲のアタマで気が入っても、最後まで続かない曲があったりと、
酔っ払いながら演奏中にいろいろ考えてしまいました。
でも最大の原因は修行が足らないってことなんです。

僕は元々歌い手で、ギターはその伴奏のためにちょっとやるくらい。
スライドはそういう意味では随分いいやり方なんです。
ただ、左利きなのでどうしても右手のピッキングが弱い。
サムピックとかも使えないし、強くしようとすると、指が深く入って引っかかり、
リズムがもたるんです。
これは「美女と野獣」をやってても起こる問題点なんですが、
ソロの場合、ひとりでノリを出さねばならないので、この欠点は致命的。
これを克服するにはやっぱり修行が必要なんです。

分かりきったことですが、「ローマは1日にしてならず」。
すぐにおいそれとできるようにはなりません。
ですから、これから牛の歩みでどこまでスキルが向上するかだと思ってます。
でもそれが自分の納得する水準に達するまでライヴをやらないとなると、
要求水準だけは高い僕ですから、死ぬまでできないことになる。

というか、ライヴをやらないとこうした弱点がちゃんと見えてこない。
練習じゃそこそこ弾けちゃったりするし。

なんてこともあり、修行中の身ではありますが、
これからもぼちぼちライヴはやろうと思います。

終了後、BET ON ITの練習に行きましたが、居眠りをするていたらく。
緊張から開放されたのと、酔いが思いっ切り回ったのとで。
スタジオから再度店に戻り、マスターにぶっちゃけた感想を聞きました。

「おもしろかったですよ。」

ありがたいことです。自分から今夜のだめなところは話しました。
そしたら「やればどんどん良くなると思う」との暖かいお言葉。
12月にまたやって欲しいと言われました。感謝です。

修行するぞ~(って、10年ちょっと前の某宗教団体じゃないので悪しからず)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

やなぎさんを迎え撃つ

「やなぎさんが来るけどいっしょにどう?」とあっとペっぷのママさんから夏に話がありました。
僕は彼の歌が大好きだし、サッチャンにとってはもっと好きになる人だと思ったので、二つ返事で引き受けました。
それがいよいよ実現!

71005yk1 YAYO with コンリンザイ

トップバッターは素敵な声でシャンソンを歌うYAYOさん。
バックはいつものピアノの人が来られないとかで、
KONDYさんと林章彦さんのギターデュオ。
目当てのお客さんも多く、YAYOさんちょっと緊張気味でした。
でも日本語のシャンソン、いいなぁ。
急ごしらえのバックも一所懸命演奏してました。

71005bb1 美女と野獣

店に入るときに土砂降りに合い、濡れ鼠ならぬ濡れスカンクに。
そんな気分を吹き飛ばそうと、「のんびり・まったり」モードでやりました。
選曲もトリがやなぎさんなので、その辺を考えてみました。

1:Mr. Bojangles
2;ひとり負け
3:Mr. Sandman
4:素敵なサンディ
5:Tico Tico
6:春のひざしは
7:がんばるな

暖かいお客さんの拍手に支えられ、本当に楽しく演奏できました。
ありがとうございます!

71005yg1 やなぎ

東北は岩手県からやって来たやなぎさん。
何度も見ていますけど、今回は素晴らしかったです。
旅の歌、酒の歌を、もう還暦間近のギブソンを優しく爪弾きながら、
ブルージーに、あるいは優しさを込めて歌います。
転がり続けて角の落ちた石のような、年輪を感じさせる歌。
本当に素晴らしいです。皆さんに聴いてもらいたいですね。
ツアー予定を転載しておきます。

7日(日)小田原 ジーズキャフェ
0465-46-1808 小田原市鴨宮342-7
19:00~ \1,000

8日(月)東長崎 SpoonFul
03-3554-9683 豊島区長崎4-21-3
浅野英吾・道下保大・やなぎ
18:30open \1,500

13日(土)国立 かけこみ亭
042-574-3602 国立市富士見台1-17-12S&Sビル地下
ゲスト 館野公一
19:00~ \1,000

14日(日)市川 ALMANAC HOUSE
047-323-7271 千葉県市川市新田5-5-27田中ビル2F
やなぎ・Chiho・遊泰寛
19:30~ \1,200

ホームページはこちらです。

http://homepage2.nifty.com/m-yanagi/BLUES.htm

満員のお客さんに、素敵な歌、幸せな時を過ごせました!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »