« ことし最後の六角橋闇市 | トップページ | ブルースとワインの夕べ »

2007年10月28日 (日)

10.21国際反戦ディ・アコースティック・ライヴ

グッピーのマスターが10月のスケジュールを考えているときに、ふと思い出したのがこの日。
きな臭い昨今、声を上げて戦争に反対し、平和を願う声が薄れていると感じていた彼は、
急遽アコースティックで平和と愛の尊さを訴えるライヴを企画したんだそうです。
この趣旨は次のたかちゃんからのメッセージによく表れています。

 10月21日は国際反戦デーです。この日、マスターが
「アコースティクライブをやるよ。国際反戦デーだから」と言いました。
その言葉を聞いた時は「あ、そうか」ぐらいの気持ちでしたが、
しばらくしてから先日テレビで見た広島で被爆した女性の事を思い出しました。
彼女の年齢は68歳くらいです。被爆者と認定されず、ずっとずっと苦しみながら
生きてきました。被爆した時は小学校にいて、片腕はケロイド状に焼けただれて
いるのに、黒い雨を浴びたか浴びないかで裁判で争われてきたそうです。
当時、低学年だった彼女に黒い雨が降ったかどうかなんてわかりますか?
熱くて、苦しくて、降った雨が黒か白かなんて、判断できますか?
そんな事で、その人は肉体的・精神的な苦しみを二重に背負ってきた訳です。
そんな、苦しみは想像もつきません。おもわず、涙がこぼれでました。
 今、私は普通(それなり)に生活しているつもりです。でも、普通に生活
できなくなるかと思うと、不安になり、とても悲しくなります。
とても単純な事ですが、もし戦争が起きれば、「この普通な事」ができなくなると
私は思います。何も悪くないのに、何もわからない子ども達を戦争に巻き込むのは
大人の身勝手だと思います! 
 そんな思いで、このライブに参加してくれる出演者の協力を得て、
この日は投げ銭ですが、集まったお金を寄付します。今の私には、
この様な形でしか、手助けするしかできません。
 そんな訳で、皆さんぜひいらしてください!!

71021bb1 この企画に、美女と野獣も呼んでいただきました。
トップバッターです。
ギターをライン取りとかせず、エアー感のあるマイク取りで、
ゆったり歌うことができました。

1:Mr. Bojangles
2:涙そうそう
3:Tico Tico
4:春のひざしは
5:がんばるな

71021bb271021bb3 暖かいお客さんに囲まれ、
とてもゆったりとした気持ちで演奏できました。
穏やかに和やかに生きられる幸せ、
これを表現できたかなと思います。

71021nb 続いてはノブさん。グッピーとは30年以上の付き合い。
いつもの通りのしっかりしたピッキングで、
オリジナルのブルースなどを。
僕も1曲スライドでお手伝い。

71021km 次は風丸君。なんだか連日同じラインナップですね。
でも闇市と違い、余裕を持って自分の歌を歌います。
ノブさんのギター、僕のハーモニカの乱入もあり、
闇市の延長みたいなにぎやかさもありましたが、
「ウィスキー・リヴァー」など、得意の歌を披露。凄く良かった!

71021mr 続くは沖縄出身のミヤラさん。
フォークをやって育ったとあって、60年代のフォークなどを
反戦の気持ちを込めて歌います。
特に沖縄の体験があるので、反戦平和の思いは格別。
ラストの沖縄の歴史を歌い込んだ歌、強烈なプロテストソング。
ガツンとインパクトがありました。
ライヴ後沖縄談義に花を咲かせてしまった。

71021mg 髷詩鼓はウメチャンが旅行とかで3人編成。
元々メッセージ性の強いバンドなので、
この場にはしっくりマッチしました。
素敵なバンドです。

71021tt タカ&トンベは、ウクレレを弾くたかちゃんとは初めてかな。
まさにおしどり夫婦で、途中ギャグを飛ばしながらも、
歌う曲はボブ・ディランのプロテスト・ソング。
みんなで大合唱でした。
なんだか昔の歌声喫茶(僕は行ったことないけど)みたいだなぁと。

71021tb ここにスタンピートのよっちゃんが来たので、
トンベが「アイ・シャル・ビ・リリースト」を。
ノブさんに僕も加わり、セッション状態。
みんなで歌いました。楽しい!

71021nj よっちゃんはそのまま残り、スタンピートでお馴染みの曲を。
バンドとはまた違った弾き語りの味はまた格別。
歌詞がはっきり聞き取れて良かった!
よっちゃんの歌のうまさに脱帽です。

71021sd 最後はやってきた佐渡君をマスターがステージに上げて、
「スタンド・バイ・ミー」をこれまた大合唱。
僕はまたハーモニカ吹いてます。

かく言うわけで、満員となったお客さんの中、平和を愛するメッセージが、
日ノ出町の一角で歌い上げられました。
音楽好きに悪人はいません。音楽好きに戦争が好きな人はいません。
それはブッシュに抗議する数多くのアメリカのミュージシャンたちを
見ても分かります。

できることでいいから声を上げること。これが大切だと思います。



|

« ことし最後の六角橋闇市 | トップページ | ブルースとワインの夕べ »

コメント

あーなんか楽しそうだな
グッピーはちょと遠いけど聞きたかったな
今度混ぜてください<(_ _)>

投稿: こーいち | 2007年10月28日 (日) 10時40分

確かに国立からだと遠いですけど、来年の闇市には是非参加してください。
ただこーいちさんの歌だと、下手すると1曲しかできないかもしれませんが(笑)。
あのパフォーマンスは聴いた人、びっくりすると思いますよ。

投稿: すか | 2007年10月28日 (日) 12時00分

メッチャ楽しかったよ・・ありがと!
オイラは年に5回くらい海外に飛んでますが
ギターが精神安定剤です・・今週も新宿でやります・・
又遊んでくださいね・・

投稿: ノブ | 2007年10月28日 (日) 21時42分

こちらこそお願いします。
11/17がありますね。
僕はギターより歌うことがもっと好きなんですよ。
12/22にグッピーでやるThe Hot Wattsのライヴもよろしかったらおいでください。

投稿: すか | 2007年10月29日 (月) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116900/16895682

この記事へのトラックバック一覧です: 10.21国際反戦ディ・アコースティック・ライヴ:

« ことし最後の六角橋闇市 | トップページ | ブルースとワインの夕べ »