« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月25日 (火)

美女と野獣 @ John John

70924bb1美女と野獣は結成3周年。
なんだかんだとライヴを40回ほどやっていますが
これほど楽しく演奏できたのは今回が始めてのような気がします。
暖かいお客さんとお店。
最高に素敵な夜を皆さんにいただきました。ありがとう!

1st. Set

1:Killing Me Softly With His Song
2:Mr. Sandman
3:秋の空
4:Mr. Bojangles
5:涙そうそう
6:素敵なサンディ

70924bb2 曲目は二日前と全く同じです。
でもおしゃべりを変えてみたり。
お客さんも違えば雰囲気も違います。
John John のお客さんは音楽好きの人が多いので、
解説というよりはいきさつのような話を中心にしてみました。

2nd. Set

1:Tico Tico
2:A Song For You
3:キャンディ・マン
4:ひとり負け
5:春のひざしは
6:がんばるな
en:You've Got A Friend

70924bb3 後半になると店はほぼ満席に。
一見のお客さんもいたようですが、楽しんでいただけたみたい。
特に「春のひざしは」から「がんばるな」の反応が良くて、
「がんばるな」は皆さんコーラスをつけてくださいました。
この曲を今回のシリーズに間に合わせた甲斐がありました。
アンコールも大合唱!嬉しかった!

お店のマスター、安藤さんからも「またやって」との嬉しい言葉。
本当に楽しいひとときを過ごすことができました。
安藤さん、ナベちゃん、ありがとう!
それから来てくださった皆様、本当にありがとう!

「自分達の楽しさを聴いてくださっている人にも伝えて、一緒に楽しみたい」
というモットーが、本当に実現したように思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

美女と野獣@SomethingNew!

二俣川のまだできて1年のライヴハウスで2回目のライヴです。
今回はピンで2ステージやりました。
70922bb1 レパートリーがあまり多くないので、ゆっくり目の進行。
それに今回のお客さんは音楽マニアみたいな人が少ないので、
1曲ずつ丁寧に解説をしながらやってみました。

大阪からわざわざやってきてくださった方に、
二人のおしゃべりを誉められました(笑)。嬉しいですね。

1st. Set

1:Killing Me Softly With His Song
2:Mr. Sandman
3:秋の空
4:Mr. Bojangles
5:涙そうそう
6:素敵なサンディ

2nd. Set

1:Tico Tico
2:A Song For You
3:キャンディ・マン
4:ひとり負け
5:春のひざしは
6:がんばるな

カヴァーとオリジナル半々といった構成。
随分オリジナルが増えてきました。

サチコはエレガットと鉄弦を持ち替えながらの演奏。
特に鉄弦に新しくマグネティックのPUを付けたんですが、
これで音の粒立ちがぐっと良くなりました。
彼女の魅力が引き立つようになりましたね。

今回結構お客さんが来てくださいました。大感謝です。
明日はいよいよJohn Johnです。よろしかったら遊びに来てください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

9月の六角橋闇市アコースティック・バトル・クラブ

70915bb1今月も雨にあわず、予定通り実施できました。

トップバッターは「美女と野獣」。
結成3周年記念ライヴの第1弾です。
今回は新曲をいれた4曲。

1. Mr. Sandman
2.秋の空
3.春のひざしは
4.がんばるな

「春のひざしは」はサチコの歌で、詞は福永令三の「クレヨン王国」から。
これをワルツに仕立ててみました。
この曲を仕上げていくのが凄く楽しかったんですが、
本番でスカンク、コーラスにうまく入れなかったりとかありました。
でも思ったよりいい出来だったと思っています。

「がんばるな」はThe Hot Wattsのオリジナルで結構人気のある曲。
これをチェット・アトキンスのスパイスを振りかけてリアレンジしました。

70915nb1 続くはNobuさん。いつもの通りきらびやかなフィンガーピッキングで、
オリジナリティ溢れるブルースを。
今回は僕も1曲スライドを弾かせてもらいました。
バックに回るプレイって大好きなんですよ。
楽しかったなぁ。

70915nm1二階から目薬

ユニークなユニット名のデュオは、まゆみさんヴォーカル。
とにかく美空ひばりからプリプリまでボサノバにしちゃうってのが凄い。
まゆみさんのほわっとした歌が素敵です。
癒し系ですね。通行する人も立ち止まって聞いていました。

70915tz1 徒然草

フォークユニットです。ギター2本にピアニカ、これにコンガも参加。
曲は「プカプカ」「ヨイトマケの唄」など、懐かしいフォークソングを。
それにボブ・マーリーまで登場しました。

こういう機会が出会いになるんですよね。
余りゆっくりお話ができませんでしたが。

70915sh1 Saltyヒロシ

今回の目玉です。実はヒロシさんと親しくなったのが、
風丸君と美女と野獣という3組のライヴをあっとぺっぷでやってから。
ですからこの集まりはそれなりのゆかりがあるってことなんです。
曲はいつも通り、お得意の歌のオンパレード。

特にCDのタイトル曲2連発がやっぱりいいなぁ。

70915km1 風丸

主催者なんですが、時間がなくなったので1曲のみ。
It's Not The Spotlight
この曲、ヒロシさんも「失くした光」というタイトルで、
別歌詞でやってるんです。まさに夢の共演。
オオヤさんのハーモニカも加わり、盛り上がったセッションになりました。

さて、闇市も来月まで。10/20がラストステージになります。
その翌月あっとぺっぷでもう一度「アコースティック・バトル・クラブ」を
やろうかという話も進行中ですが。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

9/1 Bet On It

これまた遅ればせながら、9/1(土)にグッピーで行われた、
Bet On It のライヴの模様をアップします。

70901bi1  1:I Ain't Got You (森)
  まずこれはいいドライヴ感でスタートできたと思う。
  つかみは成功かな。

70901bi2 2:You've Got To Love Her With A Feeling (森)

  3:Tell Me Mama (たけ)
  4:Blues With A Feeling (たけ)
  ここんところ仕込んでいた新ネタを2曲。
  もう少しこなれてくると良くなるかな。

  5:Sugar Sweet (マサ)
  バンドのファンキー部長マサの歌はどんどん良くなるな。
  次はどんな曲にチャレンジだろうか。
70901bi3
  6:Ain't That Loving You Baby (森)
  こういう曲の「ゆるさ」が上手く出せるようになると、
  バンドとしても成長するような気がする。

  7:Early In The Morning (たけ)
  その点この曲は慣れているし、いいグルーヴ感が出ていたと思う。

  8:Darling Honey Angel Child (スカンク)
  このバンドで僕が初めて歌った。この曲は僕の古くからのレパートリー。
  ちょっと構成的に収拾がつかなくなったところもあるけど、勢いでカヴァー。

  9:Hoochie Coochie Man (森)
10:Too Late (たけ)
  仕上げ2曲は手慣れたところから。ラストはいいドライヴをしたと思う。

en:Walking By Myself (森)
  ほとんどリハができていない曲。エンディングがぐちゃぐちゃになってしまった。

総じて久しぶりのライヴってことで、ちょっと緊張感もあったけど、
対バンのお客さんにもかなり喜んでもらえたようで良かった。
ただ、バンドとしてはもう少し集客をしたいなぁ。特に久々のライヴなんだから。

Forty-Five
70901451 ここのところ3回くらいいろんなところで共演していますけど、
今回が最高に良かった!
タイトでグルーヴィな演奏に乗って、ナミエちゃんが炸裂!
曲もヴァラエティに富んでるし、聴いていて飽きません。
またご一緒したいです。

70901454 7090145270901455 70901453

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

グッピー36周年記念パーティ

70818tb0日が経ってしまいましたが、ようやくアップできます。

去る8月18日(土)、グッピーの36才を祝う会が行われました。
いつにも増して楽しいライヴでした。

ともかくトンベにはずっと弦来ていてもらいたいですね。

オリーヴァーズ
70818ov1 70818ov2 まずはとおこちゃんのバンドから。
いつも通りの和と洋の調和!
アコーディオンとロックバンドの組み合わせの面白さと、
とおこちゃんの歌がチャーミング。
アンコールの「ちょうだい節」最高!

Forty-Five

70818451みずきなみえちゃんがフロントのブルースバンド。
チャーミングな顔にに合わない強烈なハーモニカと、
ロックなギターが魅力です。
なみえちゃんの歌う「メッシン・ウィズ・ザ・キッド」
70818452「テイク・ミー・トゥ・ザ・リヴァー」など。

この日はドラムのジェイスンさんが誕生日。
「サムシング・ユー・ガット」を歌ってました。
シンプルでタイトなドラムが格好いい。

9月にBet On It と対バンです。

ヤンバルクイナ
70818yk170818yk270818yk370818yk4   








イリオモテヤマネコのメンバーが組み替えてやっているバンドです。
ホタルちゃんがメインに。
先日亡くなった阿久悠の作詞した曲を中心に、
「渚のシンドバッド」とかをやりました。面白い。
今度デッドストックに出てもらいたいな。

髷詩鼓
70818ma1 パーティの常連となった髷詩鼓。いつものナンバーを中心に。
このバンドは見るたびに良くなってる気がします。
アコースティックも結構いいんですよ。

The Hot Watts
70818hw1 70818hw2 またまたリードギターのシンヤが帰国できず。
仕方がないのでサッチャンにがんばってもらう。
曲はCCRvsBCRという訳の分からない駄洒落。

 

70818hw3 70818hw4 1,Lodi
2,Commotion
3,I Only Want To Be With You
4,光りある限り
5,Born On The Bayou

3はトシヤネタ。しかしなんちゅう選曲だ。
4は日本語にしたけどちょっとテンポが速かったな。

やっぱりシンヤがいないとキツい。11月以降が楽しみだ。

トミー塩谷&スタンピート

70818sp1 今回は出番が早め。

いつものように「流れに沿って」「ライク・ア・ハリケーン」など

この姿をずっと見たいものです。

モーニングアタック

70818ma1_2 このバンドは初めて見ましたが、上手い!

スピード感のあるギターを軸に、タイトで格好いい演奏。

ちょくちょく出て欲しいです。

佐渡君

70818sd1 最後は仕事を終えて駆けつけた佐渡君。

弾き語りでも魅力たっぷりです。

「ラストダンスは私に」とか「Bring It On Home To Me」とか。

メッセージの伝わる歌でした。


この後はセッションに。毎年のことながら本当に楽しいライヴでした。

ニキちゃん、タカちゃん、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »