« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月 6日 (月)

桟橋パラダイス&六角橋大道芸祭

70805bb1Soltyヒロシさんの企画のライヴパーティが新港倉庫であり、
誘われたので行ってきました。
最初は映画撮影で、Soltyさんのライヴ風景や、
有馬忍さんの歌う「かもめ」とかを収録。
僕はビール飲んだりROIKIさんと玉突きに興じたり。
ライヴのトップバッターとして、なにわのてっちゃんの最高のMCで演奏を開始しました。

1:キャンディ・マン
2:Mr. Sandman
3:素敵なサンディ

自分でお金を出して見に行くような人たちがお客さんとして見てくださる中、
ちょっと緊張しましたけど、暖かい拍手をもらい楽しくやれました。
70805fm1本当はずっといたかったんですが、「次」があるので、
フロミズワンダーズの途中で中座しました。
写真はフロミズ。手前はサックスのたかっちゃん。
奥のウォッシュボードはなにわのてっちゃんです。
その奥の外から覗いているのは藤田洋介さん。
飯田さんも来てました。みんな素敵な人たちでした。

六角橋はいつもの郵便局前。
きょうは大道芸ということで、大日本プロレスの興業もありました。
午後5時より風丸さんの「イッツ・ノット・ア・スポットライト」でスタート。
次に商店街に最近コーヒー文明という喫茶店を出した赤沢さんが、
クラプトンの「ワンダフル・トゥナイト」を演奏しました。

70805gy1続いて登場したのがGEN安田さん。
得意のビートルズナンバーを弾き語り。
パーカッションの人も歌いました。
途中リクエストに応える余裕も。
お客さんもボンボン投げ銭してました。

さて次が美女と野獣。
70805bb3
1:ひとり負け
2:Amazing Grace~涙そうそう
3:キャンディ・マン
4:Killing Me Softly With His Song
5:秋の空
6:Tico Tico
7:Mr Bojangles

結構酔っ払ってたので、ちょっとリラックスしすぎました。
でも楽しく演奏できました。
ボージャングル、偶然通りかかった浴衣のお姉さんが聞き入ってくださいました。
嬉しいです。

70805gy2次はGEN安田さんとホシさん達のユニット。
「サハラ・ローズ」
パーカッシヴな演奏を楽しませてくださいました。
オリジナルを交えてたっぷりの演奏、面白かったです。
どこかでライヴやらないのかな?

70805ky1次は故倉ヤスヒロさん。
ブルースの弾き語りです。
この間ライヴを見に行ったとき声をかけたら、
楽器を持って来てくださいました。で1ステージ。
ハーモニカのオオヤさんとは初対面。
最初は「スウィート・ホーム・シカゴ」「キー・トゥ・ザ・ハイウェイ」と
有名曲から。
二人のコンビが合ってくると、どんどんオリジナルに進みます。
ブルースフィーリング溢れるギターと、独自の歌世界は魅力的です。
終盤「シェイク・ユア・マネー・メイカー」でみんなをのせました。
素敵な演奏、感謝です。

ここで美女と野獣がショートステージを。

1:A Song For You
2:Mr. Sandman
3:素敵なサンディ

リラックスして気持ち良かったです。

70805km1オオトリはもちろん風丸さん。
今回は時間にゆとりもあり、ゆったりと語りを交えてスタート。
素敵な歌をどんどん歌ってくださいました。
勢いのある「ミッドナイト・エキスプレス」でノリノリに。
やっぱり「ウィスキー・リヴァー」とかになると力が入りますね。

今回はギターに焙り家の溝下さんが参加。
華麗なプレイを聴かせてくださいました。

70805km2結局風丸さんは1時間に及ぶ熱演。
途中ギターの弦をぶった切ってしまうくらい。
でも彼の歌は人の足を止めますね。
立ち止まって聴いていく人が本当に多いです。
曲良し歌良し。

こんな風に歌を愛し、歌い続ける人生を送れるのは、
いろんな面で大変なんですけど、素晴らしいことだと思います。
30年変わらぬ風丸さんの魅力が、この六角橋アコースティック・バトル・クラブを
充実させているんだと思います。ビバ!風丸!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »