« 7月の闇市 | トップページ | 桟橋パラダイス&六角橋大道芸祭 »

2007年7月29日 (日)

ソロライヴ@BORDERLINE

70728sc1_2ボーダーラインでのソロは2度目です。
今回は昔のバンド仲間、林正樹君とのジョイント。
林君がトリオなので、持ち時間30分くらいで2ステージずつやりました。

で、第1ステージから。

曲順は考えてあって、まったりとスタート。

1:すってんころりんすっとんとん
2:かもめ

これがまず鬼門。やっぱり演奏に慣れていないので、自信のない弾き方と歌い方。
そのくせ弾き損ない、歌い損ないも多く、やってて不出来さがよく分かっちゃう。
やっぱり難しいなぁ。しばらく封印かな。

3:寿町ブルース

ギターをオープンDに持ち替えてなつかしの歌を。
これは歌い込んでいくともっと良くなると思った。

4:10円玉のブルース part.1

即興のブルースを。ちょっとストーリーを考えてきすぎたかな。
即興ならではのノリが不足した感じ。

5:がんばるな

ワッツの曲なんで、ソロでは多分これが最初で最後。
この歌を聴かせたいお客さんが来てくれたのでやった。
これもやや控え目だったけど、少しずつ調子は出てきた。

6:ラヴソング
7:テレフォン・ドリンキン・ブルース

やっぱり歌い慣れた歌は自信を持ってやれるからいいな。

ちょっと消化不良気味の第1ステージ、
終了後「美女と野獣」の相方のサッチャンから叱咤されてしまった(笑)。

70728hm林君の第1ステージはブルース特集。
ガットギターから繰り出される華麗なフィンガーピッキングと
流ちょうな英語はさすが。
バックにベースとパーカッションが加わり、
まったりと、でもめりはりのあるブルースが続く。
ローウェル・フルソンにジミー・リードと、やや渋めの選曲がうれしい。
ベースの阿久津さんのホルダーを使ったハーモニカも達者だなぁ。

70728sc2さて第2ステージ。
予定していた曲順を無視して、
自分のテンションの上がる曲に差し替えた。

1:スウイート・ホーム・アップル
2:十円玉のブルース part.2

いきなりオープンDからスタート。
といっても全く練習してない曲をやったけど、気持ちってのは恐ろしい。
やっぱりかなり気が入ってきて、第1ステージより随分テンションが上がり、
自分らしさが出てきたみたい。でも喉が危なくなったけど。
即興も今度は本当に即興。やっぱりこっちの方がスリルがあるな。

3:おしまい

昔林君と一緒にやってた曲。弾き語りを始めてからの重要なレパートリー。

4:夢でもいいから

最近この曲がどんどん良くなってる気がする。
聞きに来てくれた田中ヨシジさんに。「誰の歌?」って聞かれたのが嬉しかったな。
それだけ曲に魅力が出てきたってこと。大切に歌っていきたい。

5:魚釣り
6:飲んでワイン・スポーディ・オディ

最後はシャッフル2曲で飛ばしてみた。
「飲んでワイン」は昔林君とやってた曲で、コーラスも入れてもらった。
久々に「パッパー」が入るとやっぱりいいなぁ。

ということで第2ステージはテンションも上がり、自分らしさが出せたと思う。

林君の第2ステージはロック特集。
アコギ2本にドラムセットで、阿久津さんの歌を交えて、
ニール・ヤング、クリーム、BBA、そしてジミ・ヘンドリクスと懐かしい曲のオンパレード。
ラストはステッペン・ウルフと来たもんだ。
楽しいステージだった。

まあ今回は僕は全曲日本語、林君は全曲英語と、
そのコントラストを楽しんでもらおうと考えたブッキングだったけど、
「言葉で伝える歌もある」という僕の考えが伝わったんじゃないだろうか。
仕事だなんだで十分な準備ができなかったのが残念だったけど、
毎月の六角橋などでソロもだんだん場慣れしてきたし、
これを奢りにしないように精進していきたい。
次は秋にまたやってとお店からオファーを受けたのが何より嬉しいな。

最後に、写真と貴重な意見をくださったサッチャンに大感謝!ありがとう。

|

« 7月の闇市 | トップページ | 桟橋パラダイス&六角橋大道芸祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116900/15935567

この記事へのトラックバック一覧です: ソロライヴ@BORDERLINE:

« 7月の闇市 | トップページ | 桟橋パラダイス&六角橋大道芸祭 »