« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月18日 (月)

六角橋ドッキリ闇市梅雨の陣

3日前の天気予報では雨だった梅雨空ですが、どこへ行ったのか見事に晴天。
というわけで2007年度3回目の闇市です。
今回のアコースティック・バトル・クラブは
いつもザディコ・キックスのやっている場所に変更になりました。
キックスは別の場所で。さらに今回はムーニーさんも来てるようでしたが
お会いできず。

070616scスカンクちかの

今回はトップバッター。
いろいろ出そうだったのであんまり準備せずに臨みました。
それでちょっと雑な部分も出ちゃったな。
時間も短かったし。

1:おしまい

 ちょっとテンポが速かったな。もっとゆったりやった方がいいんだけど。
 何か自分に迷いがあった気がする。

2:アル中ブルース

 今回はギターを蹴られた話をネタにしたんだけど、
 後はちょっとドロドロになっちゃった感じ。
 決め所をきちんと整理してやらなきゃいかんようです。

3:夢でもいいから

 バラードは受けないかと思ってたんですけど、これは気が入りました。
 ギターもしっかり弾けたし、歌にもいい具合の力がこもりました。
 気付いたらお客さんが増えていました。伝わったようです。嬉しい。

4:テレフォン・ドリンキング・ブルース

 最後は古いオリジナルを。
 練習でやってたフレーズとか忘れてましたけど、
 勢いは出たかな。

ベストと言うには程遠い演奏でしたが、楽しめましたし、
お客さんもそれなりに喜んでくださったようです。まずまずかな。

NOBU

070616nbグッピーで古くから歌ってるノブさんの登場です。
切れのいいフィンガーピッキングから飛び出す、
ブルージーだけどどこかエキゾチックなサウンドは、
通り行く人もふと足を止めるインパクトがありました。
歌にも味があり、心地良い演奏でした。

美女と野獣(飛び入り)

070616bb最初の二人がとんとんとやっちゃったので時間が余りました。
そこでサッチャンがノブさんからギターを借りて急きょやることに。
お酒も結構入ってましたし、勢いでやっちゃった感じです。
テンポも速かったり、歌詞が飛んだりと反省点も多かったけど、
気持ちは楽しかったですね。

1:ひとり負け
2:素敵なサンディ

とんがらし

070616tgおネエさん二人のフォークデュオです。
70年代のちょっとニューミュージックの洗礼を受けたような
弾き語りだけど一捻りされたオリジナルの数々は、
そのトークの楽しさとあいまって、場が和みました。
素敵なエンターティンメントでしたね。

風丸

070616kmラストは恒例のこのイヴェント主催者です。
今回はハーモニカに加え、ノブさんのギター、
それに僕もスライドで参加しました。
曲はいつものように「イッツ・ノット・ザ・スポットライト」、
「ミッドナイト・エクスプレス」「ウィスキー・リヴァー」など。
ゆったりと仲間との演奏を楽しむような雰囲気がすごく良かったです。

ことし3回目のアコースティック・バトル・クラブ、
六角橋の街角に音楽の花が咲きました。
来月は上州から独酔舎など何名かが来襲とのこと。
楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

DEADSTOCK 2007

ことしで多分12回目のDEADSTOCK、盛況のうちに幕を閉じました。
今回は創設者のミュージ君も見に来ていました。また横浜に戻るとのことです。

では簡単なレポートを。

Dead07lqまずはリカーズ。今回はヴォーカルのチェリーさんは欠席。
しかしいきなりジョージ・ハリソンばりのギターを山本さんが決め、
バッド・フィンガーの「デイ・アフター・デイ」から。
懐かしい!
この他ポール・マッカートニートウィングスの「ジェット」なんてのも。
選曲がいいですね。まずはガツンとかましてくれました。

Dead07hv続いてはメンバーが二人かぶるHEVUN。
でも佐渡君の歌がメインなのでバンドの印象はことなります。
まずはドラムのマサさんがアコギを持って、
「上を向いて歩こう」から。
お得意の「サン・トワ・マミー」などを熱唱。佐渡君の歌はいつ聴いても素敵です。
そしてラストは十八番のロックンロール。
「スローダウン」から「トゥイスト&シャウト」のメドレーで。
盛り上がりました。

Dead07b1Dead07b2


さてお次はBET ON IT。僕がベースを弾くブルースバンドです。
今回はガンちゃんが来れなかったので、ドラムをThe Hot Wattsの寺地に頼みました。
まあ彼とはずいぶんブルースやってますから気心は知れたもの。

1:I Ain't Got You(森)
2:My Babe(たけ)
3:Early In The Morning(たけ)
4:Don't Start Me To Talking(たけ)
5:Hoochie Coochie Man(森)

曲数が少なく、最近のいい感じの曲を並べたせいか、
とても気持ち良く演奏できました。
お客さんも喜んでくださいましたし。
マスターにも「またライヴ頼むよ」って言われたしね。楽しみ。

Dead07mg髷詩鼓はドラムのウメちゃんが都合つかず。
毎年のように「どんと」関連の曲をやってくださいました。
特に「さかなごっこ」は嬉しかったな。
あのゆったり感、身を任せたいですね(笑)。

Dead07h1Dead07h3さていよいよThe Hot Wattsです。

今回はギターのシンヤ、台湾に帰っちゃいました。
あと参加予定だったトロンボーンのシタチャンも
都合で来れず。
メンバー的にはちょっときつかったけど、epo、ダークのサポートを得て、
狙い通りの曲ができました。

1:Cold Sweat
2:I Feel Good (I Got You)

ことしのデッドストックで、この人はやるしかないでしょ!
多分僕しか歌う人はいないと思いましたが、予想通り。
全員集まった練習などしていませんから、リズムはばらけるところもあったけど、
ま、ご愛敬ってことで。

3:月光仮面

モップスはHEVUNも「たどり着いたらいつも雨降り」をやってたけど、
この曲は僕らのものです(笑)。
ほぼオリジナル通りなんですが、トシヤが怪しい月光仮面に扮し、
ダークのインタビューを受けました。
最後の一言。
「お呼びでない?お呼びでないよね?こりゃまた失礼しました~!」

ということは次のネタは

4:ハイそれまでよ

この雰囲気が大きく変わる曲、やってて楽しいのよね。
鼻髭つけた「だめ男」に扮するトシヤ、熱演でした。

5:LIVING IN YOKOHAMA

ラストはダーク作詞の替え歌。
途中部分的に歌詞を変えたり。
ラストのギター、フレットは外すし、終わるところ間違えるし。
でもなんだか大受けしたたんでいいですよね?

毎度のことながら、企画力の勝利ってことで。

Dead07h2_1Dead07h4Dead07h5




Dead07tkさていよいよとおみねとおこちゃんの登場です。
ライヴの予定を変更してまで参加してくださいました。
大感謝!

曲は高田渡ナンバーを中心に。
曲が少なかったのでアンコールが出ました。
僕がリクエストしたのはもちろん「私の青空」。
いつもいつも楽しい演奏と歌、ありがとう!

Dead07moで、お次はそのとおこちゃんと最近結婚した
たっつぁんの「ミネオカブラザーズ」
モップス、カーナビーズ、そして高田渡。
ネタはいろいろだけど、サウンドはパワフルな
ミネオカならでは。堪能しました。

Dead07sp今回のラストはマスターをスタンピートがサポートするいつもの形。
ジョン・レノンの「イマジン」や、先日亡くなったタニジの曲など、
いつになくまったりと演奏していました。
盛り上がった中でスタンピートの演奏もありましたが、
今回は短めでしたね。

かくして成功裏にDEADSTOCK 2007は終了しました。
来年もやりますよ~!乞うご期待!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »