« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

BET ON IT始動

新しいブルースバンド「BET ON IT」が結成された。

先日こちらにも書いたように、厚木ファッツ・ブルースバンドが4年間の活動の幕を閉じた。
しかし実はすでにライヴのブッキングがなされていたのだ。
店側の要望は「穴は開けるな」だった。
そこで急遽メンバーを集め、新バンド結成と相成った。
厚木ファッツのリズム隊に、個性的な3人を加え、コテコテのシカゴブルースを中心に演奏する予定。
パーマネントバンドとなるかどうかは現状では未定だが、やれたら面白いと思っている。

BET ON IT LIVE AT GUPPY

日  時:8月6日(日) 19:30~
場  所:グッピー(横浜、京浜急行日ノ出町駅下車徒歩3分)
対 バ ン:THE NATTOYA(オリジナル中心のロックバンド)
チャージ:,500(1ドリンク付き)

メンバー:たけ(vo, hca)  ノルウェイ森(vo,gtr)  マンドル高橋(gtr)  スカンクちかの(bass)  ガンチャン岩田(dms)

ぜひ見に来て欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年7月24日 (月)

美女と野獣リニューアルライヴ

60722bb4月初めのアコースティック・フェスタ以来、暫くライヴから遠ざかっていたが、
今回あっとぺっぷで機会を得て復活のライヴをやった。
多くのお客さんが来てくださった。まずは感謝!
今回は曲数を絞り込み、アンサンブルを見直し、丁寧な演奏を心がけた。
もちろん久々ってこともあり、緊張もしたけど、楽しく演奏できたのが何より。

  1. 秋の空+
  2. Mr.Sandman*
  3. A Song For You+
  4. Tico Tico(inst)
  5. ひとり負け+
  6. 涙そうそう*
  7. Mr.Bojangles+

(*=サチコ、+=スカンクの歌)

まあ美女と野獣としては「定番」曲が並んでいるけど、
すべての曲のアレンジを見直し、音を作り込んだ。
あちこちミスがあり、完璧には程遠い演奏だったけど、
店のママさんからは「過去最高の演奏」とお褒めの言葉をいただいた。
嬉しい限りだ。

それより今回は何といっても共演者が素晴らしかった。

風丸

60722kmふだんは六角橋のふれあい通りでクラフトショップをやっている風丸。
もう20年以上の付き合いだけど、本当にいい歌を歌う。
横浜フォーク村出身で、70年代フォークが染みついていながら、
バンド経験もあり、熟成された大人の歌を歌う。
抑えの効いたギターでビートを作り、
タフな声でメッセージを込めて歌う姿が雄々しい。
個人的にはヤナギさんの「ウィスキー・リヴァー」を歌ってくれたのが嬉しかった。

SALTYヒロシ with 白庄司たかし

60722sh今回自分が出演者でありながら、一番の楽しみだったのが
このSALTYさん。大好きな人だ。
それに日本のブルース界では知らぬもの無しと言える、
白庄司さんが加わっているからもう言うことがない。
華麗なフィンガーピッキングもさることながら、
表情豊かに歌っていくSALTYさん、本当に演奏することを心から楽しんでいる。
そのギターのコードをうかがいながら、見事なオブリガートをつける白庄司さん。
そのコクのあるアルトの音色は本当に素晴らしい。
「ガラス瓶」「カモメ」と好きな歌を歌ってくれたし、たっぷりのパフォーマンス、
本当に最高のひとときだった。
こんな共演者とやれるなんて、本当に幸せ者だと思った。

美女と野獣、復活だけど、
以前のようにライヴに追いまくられるようなことはしないつもりだ。
じっくりと音作りを楽しみたい。
そして、自分たちが「気持ちいい」音が出来たところで、
エッセンスを凝縮した演奏を皆さんに聞かせたいと思っている。
だから次はいつと今の段階で予告は出来ない。

8/5のあっとぺっぷ「アコースティック・フェスタ」には出るけど、
サチコ、スカンクそれぞれソロのパフォーマンスをやろうと思っている。
別に仲たがいをしたわけじゃなく、そういうのもいいかなって。
もちろん1曲は一緒に演奏するけどね。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006年7月22日 (土)

お知らせ

2件あります。

まずその1

諸般の事情で一時ライヴ活動を休止していたアコースティック・ユニット、
「美女と野獣」が活動を再開します。

日  時 2006年7月22日(土)19:30~
場  所 あっとぺっぷ(東白楽駅から六角橋方面へ進み、
              最初の信号を左に渡った正面
              ラーメン六角家の左隣、焼き肉ひょうたんの2階)
共  演 SALTYヒロシ、風丸
チャージ \1,000

SALTYヒロシさんはストリートで活躍しているラグタイム系ギターの名手。
CDも出しています。実は僕大好きな人なんです。
共演できるなんて夢みたいです。

風丸君はもうかれこれ25年以上の付き合いになります。
横浜フォーク村出身で、たっぴ、ルードボーイと活躍。
現在は六角橋に工房を開きながら、
弾き語りを中心にライヴ活動を続けています。
歌、ギターともに実力十分。

この共演者を見るだけで\1,000は安い!

「美女と野獣」は結成以来1年半、突っ走ってたくさんの曲をやってきましたが、
今回レパートリーをぐっと絞り込み、音を煮詰める作業をしました。
ともすると流されがちだった演奏を引き締め、心に響くサウンドを目指します。

本日土曜の夜長、是非お越しください。

その2

02年~06年と4年に渡り活動して参りました厚木ファッツ・ブルース・バンドですが、
このたび活動を休止する事となりました。ライブを観に来て頂いた大勢の皆様、
出演させて頂いたお店のオーナー様、スタッフの皆様、共演させて頂いたミュージシャンの皆様、本当にどうもありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »