« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月26日 (日)

美女と野獣@あっとぺっぷ

60225tk2006年あっとぺっぷでの初ライヴは、4組の共演となった。
トップバッターのトオミネトオコちゃん。
「オー・シャンゼリゼ」でスタート。
アコーディオンを奏でながら、独特の語り口と節回しで、
端唄からオリジナルまでを披露。
あっと言う間に客席をつかんじゃった。
この癒し系だけど芯を感じる音楽は、まさに「芸」と呼べる。
とちってもネタにしちゃうキャラクターは本当に最高だ。

60225bb1続いては美女と野獣。
トオコちゃんがたっぷり油をまいてくれてたんで、
ちょっと一言喋るだけで火がつく状態。やりやすかったな。
今回はギターの音を少し大きめにセッティング。
下のようなセットリストでやった。
例によって*=サチコ、+=スカンクの歌。

秋の空+
You're Sixteen*
少女+
サルビアの花+
Tico Tico (inst.)
Killing Me Softly With His Song+
涙そうそう*
It's Only A Paper Moon*+
I've Got A Woman+

60225bb2新曲は五輪真弓の「少女」。
別にオリンピックにちなんだわけじゃないけど、
冬の歌なんで。まだまだ熟成してないんで、
ピリピリと刺激のある演奏になっちゃった。
でもまろやかさが出ればいいレパートリーになりそう。

「サルビアの花」、今夜も好評だった。
全然自分の人生とは無縁の歌なんだけど、
なぜか感情表現が上手くいくのよね。不思議な話。

「ペーパームーン」で客席から手拍子が沸いてきて、
そのままラストに行けたのは最高だった。
「終わりよければすべて良し」ってことで、楽しくやれた。
さっちゃん、いつもありがとう!

60225tu竹林有情

ハーモニカとギターのデュオ。ブルースがベースだけど、
結構面白い選曲も。
たけさんのハープと歌は粘り気があって好きだ。
林さんのギターも上手いなと唸る部分がたくさん。
それだけに、アレンジとかひと工夫するともっと良くなると思った。正直な話。
シーファス&ウィギンズとか聴いてみたらいいんじゃないだろうか。

60225tk2
トオコちゃん再登場。左の写真は彼女の足。鈴が付いてる。
これでアクセントをつけるんだけど、いい感じ。
生で見るともっといい感じ。3/26のグッピーに出演してくれるそうで、
今から楽しみ。「私の青空」、
そしてアンコールに「アイスクリーム」。
やってもらえて嬉しかった。ありがとう。

60225tb
トライバーンズ。竹林有情の林さんのギターインストトリオ。
ベースのほたるちゃん、
ふだんはイリオモテヤマネコでサックス吹いてる。
しかしこのコスプレ、はまりすぎ!
2曲目にはママさんをピアノに迎えて、ジェフ・ベックの曲を。
流石フリークを自認する林さん、上手いなぁ。でもバンドとしてはちょっと?
リハーサル不足だとは思うけど、グルーヴ感がなくて、平らな印象。
あとお客さんに何を伝えたいのかがいまひとつ分かりにくかった。
インストバンドはコンビネーションが命だと思うんだけど。

60225ss終了後セッションタイム。
ママさんの弾く「イマジン」に日本語の歌詞付けたり、
たけさんが遅刻を詫びるブルース歌ったりと結構楽しんだ。
僕はベースを借りて弾いた。ほたるちゃん、ありがとう。

まああっとぺっぷの雰囲気が最高で、楽しめた。次は3週間後。千客万来!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月20日 (月)

美女と野獣@あっとぺっぷのお知らせ

来たる2/25(土)にライヴをやります。
対バンは竹林雨情&フレンズ(今回はドラムとベースをいれたバンドでやるそうです)、
それと大好きなとおみねとーこちゃんです。
アコーディオンの弾き語りで高田渡やら浅草ものやら。最高に楽しいですよ。

美女と野獣の出番は真ん中なので多分8時30分~9時といったところでしょうか。
新曲も含め40分くらいです。日本語化計画進行中!

詳細は以下のあっとぺっぷのリンクをご覧ください。

http://www.h2.dion.ne.jp/%7Eatpep/

千客万来!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月19日 (日)

美女と野獣ミニライヴ@すきずき

野毛にすきずきというおいしい居酒屋がある。

http://r.gnavi.co.jp/g419000/

この店はなんだかんだで20年くらいつきあいがあって、
「美女と野獣」が桜木町で練習をすると、たいがいここで飲む。
練習が目的ではなく、飲むために練習をしているような気もしているくらい。

で、先日いつものように楽器持って飲みに行くと、店長の祐二さんから、
「店の中でライヴってできるかな」と相談を受けた。

金・土の少し遅い時間、お客さんが少なめになるとき、
クーポンとかで集客するより、何か文化的なことをやってみたいと言う。
野毛の街は大道芸で知られ、そうしたストリートな人達が多い。
小さなライヴハウスのような店もあり(グッピーは相当大きな部類)、
演奏をする人も多い。
そうした人達の発表のチャンスを増やしてみたいとのこと。

その後僕も知り合いに何人か声をかけ、興味を持った人も多かったので、
昨夜試しにやってみることにした。

午後9時30分。グッピーで髷詩鼓のライヴを見てたんだけど、中座してすきずきへ。
トシヤもカホーンを持って参上。
店のカウンターの隅っこを借り、さっちゃんのエレガット以外はすべて生音でやってみる。

1:Tico Tico
2:You've Got A Friend+
3:雪+
4:サルビアの花+
5:涙そうそう*
(歌:+スカンク、*さっちゃん)

飲むことが目的で来たお客さんが10人ほど見てくださった。
暖かい拍手、「その歌知ってる」と話題のネタにもなっていた。
一番嬉しかったのは、演奏後飲んでるときにお客さんのひとりが、
わざわざ寄ってきて、「またやるなら見に来るよ」と声をかけてくださったこと。
演奏者冥利に尽きる。

階上にマンションがあり、あまり大きな音が出せず、アンプ類は難しいそう。
でも生声でも十分やれるし、機会があったらまたやりたい。
アコーディオン弾き語りのトーコちゃんあたりがやると盛り上がりそうだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年2月13日 (月)

美女と野獣@風鈴

きのうは午前中テニスコートで仕事。横浜ジュニア大会の決勝日。
昼過ぎに終わるはずが3時過ぎまでかかり、リハも出来ず。
まあ本番は遅いからいいんだけど。
60212bb1
楽屋というか控えコーナーで談笑しながらチューニング。
後は決めどころの打ち合わせ。

60212y0
ステージではYAN楽団が楽しい演奏。ミニCDも出したとか。
でも買い損なったぞ。

60212lb0
続いてはレッド・ブリックス。オヤヂ3人に紅一点。
これでハードロックやるんだから(って人のことは言えぬ)。

この後はぬまふじさんの大フュージョン大会。

60212bb2さていよいよ美女と野獣の出番。今回はトシヤがゲスト。
カホーンとザンベ(だっけ)で彩りを添える。
選曲は今までの"Beat 'N' Harmony"2回で1度もやってない8曲。

60212sk31:キャンディマン+
2:She's On The Ball*
3:雪+
4:サルビアの花+
5:Mr. Sandman*
6:PRIDE*
7:秋の空+
8:Mr. Bojungles
(歌:*サッチャン、+スカンク)

60212s1
まあ3人3様に適度にとちりながらも、
楽しく演奏が出来た。
しかしリハが出来ないとあそこまで歌詞を間違えるかねぇ。
とひとり自嘲気味のスカンク。
ま、いいけどね。

60212t1
この後はクラリネットの素敵なジャズを聴いて、
いつもの通り打ち上げへ。
九州から参加のナーチョさん達を囲み、
食い物談義に花を咲かせた。

次は2/25のあっとぺっぷ。新曲をやる予定。
乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年2月 4日 (土)

大桟橋 beat 'n Harmony 風鈴ライヴ vol.26

いよいよあと1週間。
いつのまにか美女と野獣がレギュラー化した感じの、
風鈴ライヴのバンド紹介が届いたのでご覧あれ。

でもブライダル福田君、いつも弾けてるねぇ。
(この男、The Hot Watts のベーシストと同一人物)

***********************

2/12(日)【大桟橋beat'n harmony】風鈴ライブvol.26♪

今回はどんなバンド/ユニットが登場するでしょう!?
「大桟橋BH」は、ジャズ・フュージョンからロックにゴスペルまで!
ジャンルにこだわらず楽しめちゃうライブイベントです。
どうぞお気軽にお立ち寄り下さい♪

★開場:16:00

1. Mother Nacho & Paulman Brothers   [16:05-16:50]
キーボード:マザー・ナーチョ
ギター:ポールマン・堀(兄)、ポールマン・吉川(弟)
ベース:ポポン・福田
ドラム:トーテム・高原
何と、博多のメンタイ・キーボーディストとして活躍中のマザー・ナーチョが、
その母の元を離れ上京しているポールマン兄弟と大桟橋beat'n harmonyで涙の共演。
ボトムは、伝説のディストーション・ギタリストである継母ゲイリー・井上に育てられた異母兄弟で、
ポールマン兄弟とは関内の居酒屋「一力」でのボトルキープ仲間である
ポポンとトーテムが支える。
(この物語はフィクションであり、登場する人間関係はほぼ仮想であります。)
君も、このサープライズ・イヴェントを聴き逃すな!

2. YAN楽団    [16:50-17:35]
横浜で生まれ育った個性が生んだ熱いメッセージ!魂をこめてお届けします!        
 秋山幸人(Vo&G)  下森直樹(Trombpne)  細谷亨(G)
 鈴木敏弥(Vo)    植村結子(Vo&Trumpet)
 岩田暢男(Drums)  前田博一(Bass)   高岡正利(Sax)
バンドHPアドレス → www.yan-gakudan.net

3. LEAD BRICKS   [17:35-18:20]
ROCK SPIRITに敬意を払いつつ、STAGEをめちゃくちゃ楽しンじゃう、HEAVYで元気なバンド、
LEAD BRICKSだぜ! ← LEADはレッド(鉛)と読んでくれ!
UK pop上がりのvocal:MISATO
American rock上がりのguitar:HOLLY
Hard rock漬けだったdrums:HI☆RO
そして、Bridal MC上がりのbass:YUTAKA
オレ達と一緒に、ゴキゲンなROCKをSHOUTしてくれ!

4. CHAOS    [18:20-19:05]
メンバー:ぬまふじ(G)、向井 宏明(Key)、坂爪 裕幸(B)、内海 祐(Ds)
バンド結成後初のライブです。
今回は80年代の日本人フュージョンの曲をたくさん演奏します。
お楽しみにー。

5. 美女と野獣    [19:05-19:45]
オープンGのドブロをスライドでかき鳴らすスカンクちかのと、
ガットギターを爪弾く辻井貴子の弾き語りデュオ。
決してお笑いコンビではありません(笑)。
みんなが知ってるあんな曲、こんな曲を、オリジナルアレンジでお届けします。
2006年は日本語の歌のレパートリーを増やし、オリジナルも取り入れていきます。
「歌心」を皆様にお届けできればと思ってます。どうぞよろしく!

6. Baculogypsina かるてっと    [19:45-20:30]
音楽教室のセッション(気楽セッション)でメンバーが揃いました。
スタンダードを中心に演奏します。
クラリネット今井、ピアノ中溝、ドラム林と昨年の冬に続いて3度目の参加です。
ベースは、風鈴最多出演!!のサカピーが助っ人で~す。

★おひらき:20:40
★MC:1500円(1drink+おつまみ付)
(再入場の際はお名前をお聞きする事があります。)

**************************

*「大桟橋BH」のお知らせやライブレポ掲載中!
"resonate factory" → http://sound.jp/resonate-factory/

*風鈴のHPはこちら!地図もあります。
http://www.h6.dion.ne.jp/~fu-rin/
『ライブハウス風鈴』
横浜市中区海岸通1-1、波止場会館内1階
(Tel.045-212-4195)
★みなとみらい線「日本大通り駅」から徒歩4分
3出口(情文センター口)から地上に出てすぐ右に進み、大きい交差点(大桟橋入り口)を左に曲がります。しばらく歩いて左手に教会、広場を見ながら、大 きい交差点(開港前広場)の横断歩道をそのまま渡ってください。交差点の角「SCANDIA」レストランのすぐ右の路地から駐車場へと入ると、奥の右側 が波止場会館です。駐車場側入り口から「風鈴」へお入りください。
★JR「関内駅」(南口)より徒歩12分
改札を出て、左側の出口から表に出て横浜スタジアムのほうに歩いてください。大きい通り(みなと大通り)にでたら左折し、横浜スタジアムを右に見ながら みなと大通りをまっすぐ歩きます。県庁を過ぎ、横浜税関前の信号で右折して、少し歩くと右手に開港広場(噴水)が。そのお向かい「SCANDIA」レス トランの建物に沿って左に曲がり、「Jack  Cafe」手前の路地から駐車場へと入ると、奥の右側が波止場会館です。駐車場側入り口から「風鈴」へお入りください。
(風鈴お客様駐車場はございませんので、お近くの有料駐車場をご利用くださいますよう、お願い申し上げます)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »