« 1年の総決算 | トップページ | 新年一発目のライヴ »

2006年1月 2日 (月)

やられた!

JBOOKER1僕はジェイムズ・ブッカーには目(耳か?)がないので、
見かけるとすぐに買ってしまう。
しかも結構通販を利用するんで、曲目なんて見ないで買うことも多い。

さて問題のアルバムは、BSR最新号にもちらっと載っていたアルバム。
下の段が2005年にJSPからリリースされたもので、
JBOOKER2詳細なデータがないのがかえって貴重な感じのするライヴ盤だった。
再開したルイジアナ・ミュージック・ファクトリーのカタログで発見し、
嬉々として購入。

そして滅多に音を出すことのない二階のメインオーディオに火を入れて、
ディレクターチェアでうとうとしながら聴いていた。
「やっぱりジェイムズは良いなぁ」と夢うつつの中で感じていたんだけど、
そのうち"Ain't Nobody's Bussiness"が流れて、「オーシャンワンワン」という特徴的な歌い回し。
最初は「またやってらぁ」と思ったんだけど、な~んか嫌~な予感が。
CDラックの中から上のジャケのアルバムを引っ張り出して、
裏の曲リストを見比べると、

「やられたぁ~~~~!」

全く同じなのよね。どおりで聴いたことあるわけだ。
しかも、ご丁寧にもライナーノーツまですべて同じ。

かくしてこのうちの1枚は、
ぜひともこの変態ピアニストを聴いてもらいたい人に進呈することに決定。

まあそういう運命だったのね、きっと。

最後にアルバム2枚のデータを。
確かにタイトルまで同じだから気がつかない方がいかんのだよな。
ましてや新しい方がJSPなら、そういう事はありがちだと考えねば。

上(2000年頃リリース)
 James Booker "King Of The New Orkeans Keyboard" (JUNCO PARTNAR CDs JP1)

下(2005年リリース)
 James Booker "King Of The New Orkeans Keyboard" (JSP 815)

ちなみに内容はお薦め。NIGHT TRAINの低音質のライヴなどより格段に音はいいし、
演奏の変態度も星4つは付けられる。でも一家に2枚はいらんなぁ。

|

« 1年の総決算 | トップページ | 新年一発目のライヴ »

コメント

姉妹そろって、お世話になります(笑)。。。

投稿: 武蔵野 | 2006年1月 3日 (火) 10時23分

いずれジェイムズ・ブッカー体験はしてもらいたいなと思ってたんですよ。
世紀のピアノ教育を受けた人ほど衝撃を受けると思うんで(笑)。

投稿: すか | 2006年1月 3日 (火) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116900/7968393

この記事へのトラックバック一覧です: やられた!:

» 芽瑠璃堂復活 [スキウタ日記]
なんか芽瑠璃堂ってレコードショップが復活したらしい。 やってたのは30年以上も前の事で自分は名前しか知らなかったんだけど、ピーターバラカンとかその道のカリスマな人達に音楽を教えて来た伝説のお店の復活ってんでちょっと気になった。っても良くも悪くも昔のまんまっぽいラインナップぽいから好みが分かれるところなんかな? まぁなんにしろ全品20%オフの開店セールもやってて料金的にも良心的な感じみたいだからブックマークにでもいれとこ。 芽瑠璃堂URL▼ http://www.clicnck.co.jp... [続きを読む]

受信: 2006年3月25日 (土) 12時12分

« 1年の総決算 | トップページ | 新年一発目のライヴ »