« 美女と野獣@風鈴 | トップページ | またまたライヴ »

2005年10月23日 (日)

Kansas City

scatman思いがけないところで、殆ど忘れていたものを見つけることは、
なんだかとっても幸せな気分になれる。
今回このスキャットマン・クローザーズのコンピを、
京都のHOT DISKから購入したときは、
まさかこんなことになるとは思いもよらなかった。

"Kansas City"はもちろんウィルバート・ハリソンが全米No.1の大ヒットにしたあの曲だ。
オリジナルは確かリトル・ウィリー・リトルフィールドの"K.C.Bound"だったかな。
まあそれはどうでもいいことなんだけど。

さてこの曲を、ウシャコダという日本のロックバンド(といっていいのかしら)がやってた。
でも今やジャイヴ好きとして知られる藤井さんがヴォーカルで、
なんだか怪しげな「ニャニャニャニャ」とかいうスキャットが入る。
これがなかなかインパクトがあって、凄く耳に残っていた。

その後1985年くらいだったか、今は無き渋谷の芽瑠璃堂を物色していると、
BGMに小洒落た"Kansas City"が。あれ?なんだかな?と思ってると、
「ニャニャニャニャ」と来たもんだ。なるほど、これがウシャコダの元ネタねと納得。
でもその正体を確かめることなく、金欠の僕は、「Angel In Houston」のピンクのジャケットを
恨めしそうに眺めながら店を去ったのであった。

その後ごくまれに思い出すことはあったが、ほぼ忘却の彼方にあったこの曲。
今回例によってCDを車でかけながら走ってたんだけど、ぼうっと聴いてると、
このスキャットマンがあの曲をやってるんじゃないかなとふと思い付く。
大体車で聴くときは曲名なんか見てられないんで、信号停止したときにサッと見る。
でも30曲も収録されているんでよく分からない。

で、ラストナンバー、曲は間違いなく"Kansas City"、
そしてイントロから「ニャニャニャニャ」!
でも肝腎のところが出るまではと思ってたら、やった!出た!

かくして20年ぶりの「ご対面」となったわけだ。

"Scatman" Crothers "I Want To Rock & Roll" HYDRA BCK 27126

|

« 美女と野獣@風鈴 | トップページ | またまたライヴ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116900/6526706

この記事へのトラックバック一覧です: Kansas City:

« 美女と野獣@風鈴 | トップページ | またまたライヴ »