« 九州旅行(1)8月3日 | トップページ | 九州旅行(3)8月5日 »

2005年8月10日 (水)

九州旅行(2)8月4日

いよいよ阿蘇巡りだ。僕は両親が熊本出身だったため、阿蘇はたびたび訪れている。
しかしいずれも列車や観光バスだったため、外輪山などは回ったことがない。

まずは宿の裏手に当たる大観峰まで車で登る。
天気はまずまずだったけれど、夏という季節のため、湿度が高い。
このため阿蘇五岳などは霞のかかった状態。
でもすり鉢状の外輪山の内側や、拡がる水田などを見て取ることができた。

t05-8401その後菊池水源に向かったが、駐車場が混んでいたりしたので断念。
いよいよ阿蘇五岳に登ることにする。
チャーミングな米塚を横目に見ながら登っていくと、
大きく広がってくるのが草千里だ。
阿蘇は中岳火口が有名だけど、ここの景色も素晴らしい。
火山博物館を見学した後、火口跡の池まで歩いてみた。
草原を渡る風が清々しい。

t05-8402ここから中岳火口まではすぐ。車で上がれるのだが、ロープウェイに乗った。
火山活動は中程度とのことで、火口内のたまり水は少なめ。
よく見るとボコボコと泡立っているのが分かる。
あたりをプンとつく硫黄臭が独特の雰囲気を醸し出している。

t05-8403次の宿舎は高千穂。高森経由でドライヴ。高原地帯が気持ちいい。
高千穂峡では時間があったのでボートに乗ることにした。
最近お茶の宣伝でも有名な真名井の滝を間近で見るためだ。
しかしここで大失敗。僕と娘、カミサンと息子という組み合わせで乗ったが、
息子にボートは後ろ向きに進むことを教えてなかった!
息子は自分の顔の向いた方にボートを進めようと必至に漕ぐが、
進むわけがない。先に出た僕等がひとまわりして戻った頃、
依然として乗り場のあたりで悪戦苦闘。
近付いてあれこれ指示を出し、ようやく滝の近くまで行くのが精一杯だった。
「二度とボートには乗らない」とは怒り心頭に達していた息子の弁。

t05-8404食事の後、夜神楽の見学に出かけた。
全部で33番あるうちの4番だけをやるダイジェストだが、
なかなか面白かった。特に最後の夫婦で酔っぱらうのが面白く、
客席に降りてきて観客に絡むのが笑いを誘っていた。

|

« 九州旅行(1)8月3日 | トップページ | 九州旅行(3)8月5日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/116900/5390260

この記事へのトラックバック一覧です: 九州旅行(2)8月4日:

« 九州旅行(1)8月3日 | トップページ | 九州旅行(3)8月5日 »