« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月31日 (日)

美女と野獣のライヴ予告

bbflyと言うわけで、8月28日に、六角橋のGENという店でライヴをやることに。
さっちゃんが素敵なフライヤーを作ってくれた。
小さな店だけど、マスターを始め素敵な人がやってるのでぜひ来て欲しいな。
新曲もやる予定。

あと、10月と12月には大桟橋の風鈴に出る予定。
1年で10回もライヴをやるようになるとは、我ながらビックリ。
これもひとえにさっちゃんのおかげだと思う。感謝!

自分たちで言うのもなんだけど、さっちゃんの歌はいいよ。一度聴いて欲しい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

美女と野獣@あっとぺっぷ

7月2日、厚木ファッツ・ブルースバンドの幕間で恒例になった、
美女と野獣のライヴ、今回は厚木ファッツバンドの都合で、
前座とトリという2部構成になった。

bb507021このデュオは昨年10月に結成、
フィンガーピッカーの「さっちゃん」こと辻井貴子と、
ドブロをopen-Gにチューニングしてスライドで演奏するスカンクちかのという、
見てくれもサウンドもまるで異なるふたりが、
自分たちの好きな歌をアレンジして歌おうというユニット。

まずは第1部 約30分

  1. Wonderful World                       By Sam Cooke        vo:skunk
  2. You've Got A Friend           By Carol King           vo:skunk
  3. Mr.Sandman                  By Chordettes'        vo:sachi
  4. Alone Again                   By Gilbert O'Sullivan  vo:sachi
  5. Killing Me Softly With His Song  By Roberta Frack      vo:skunk


続いて第2部 約45分

  1. Candy Man                             By Mississippi John Hurt  vo:skunk
  2. おしまい                              By スカンクちかの           vo:skunk
  3. She's On The Ball             By Ray Charles              vo:sachi
  4. 涙そうそう                        By 森山良子                  vo:sachi
  5. Mr.Bojangles                  By Jerry Jeff Walker        vo:skunk
  6. A Song For You              By Leon Russel               vo:skunk
    ---------En--------
  7. I've Got A Woman           By Ray Charles               vo:skunk

bb507022これらのうち、「キャンディ・マン」はオリジナルの歌詞をつけて日本語で歌ってる。
お客さんや店のママさんに評判が良かったのは、
「涙そうそう」「ミスター・ボージャングルズ」「ア・ソング・フォー・ユー」かな。
「君の友達」は次回はコーラス付きにすることに。
このユニットは発展するのだ。乞うご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚木ファッツ・ブルースバンド LIVE

さる7月2日、横浜は東白楽のあっとぺっぷにて、ライヴをやった。
ドラムのガンチャンがレコーディングで、ちょっとバタバタしたけど、
下のリストのように10曲を演奏。
現在ほぼ月1回のライヴをやっているので、なかなかいい感じになってきた。

af507021  1:Clitlins Con Carne
      2:Bigtown Playboy
      3:Hoodooman's Blues
      4:Chicago Bound
af507022       5:The Hunter
      6:I Wonder Why
      7:Somebody Loan Me a Dime
      8:Rock Me Baby
      9:I Can't Quit You Baby
      10:All Your Love (I Miss You Lovin')

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 9日 (土)

DOBROにピックアップを(9)

CMC1さて、内蔵ピックアップはどうしても音が硬質になり耳障り。
そこで外から拾うタイプのコンデンサマイクを探してみた。
モノは横浜の某楽器店の店員Iさんに紹介してもらい、注文。
ATの楽器用クリップマイクでファンタム電源。

CMC2取り付けはリゾネイタのカヴァーの穴にクリップで止めるだけ。
ケーブルにちょっと細工をして、エンドピンに引っかけられるようにしてある。
音はマイルドでいかにもドブロらしい音が出るけど、ややハウリングに弱い。
ライヴでは内蔵のフェザーと併用する。
CMC3
電源は最初AC電源の安いのを買ったんだけどでかいこと。
プリアンプとかわらないサイズ。
そこで写真にあるバッテリー式のモノをネットで購入。これは小ぶりで使い勝手抜群。
実際にライヴの音を録音したものを聴いたけど、ほぼ満足いく音が出た。
めでたしめでたし。

次回はメタルボディのピックアップについて。いつになるやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »